マイページ

全米オープン

【速報】ナダル 3年連続のベスト4進出。治療を受けるもシュワルツマンを振り切る

「全米オープン」でのナダル

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会10日目、男子シングルス準々決勝で、第2シードラファエル・ナダル(スペイン)が第20シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。6-4、7-5、6-2でナダルが勝利し、3年連続のベスト4入りを果たした。

勝利したナダルは準決勝で第24シードマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦する。ベレッティーニは第13シードのガエル・モンフィス(フランス)を破っての勝ち上がり。


ここまで2セットを連取しているナダルのサービスゲームから第3セットは始まった。序盤の3ゲームをお互いにキープし合ったところでナダルがトレーナーを呼び、左腕をマッサージしてもらっていた。痛みがあるというよりは、疲労や筋肉の張りがあるようだ。


ナダルはメディカルタイムアウトは取らなかったものの、力を抑えているのかサーブの威力が少し落ちたように見える。しかし、それでもショットを工夫してサービスゲームをキープしていく。


そして第6ゲームで0-40と、このセットで両者通じて初となるブレークポイントを握ったナダル。ここでも多彩なショットを見せてブレークに成功し、先行すると、続く第7ゲームをラブゲームでキープし、ゲームカウント5-2とした。


続く第8ゲームで30-40とマッチポイントを握ったナダル。最後はネットプレーでシュワルツマンのミスを誘ってブレーク。ナダルは第1・第2セットではいずれも2ブレークアップから一時追いつかれるなど苦戦したが、それでも強さを見せつけ、ストレートで試合を決めた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」でのナダル
(Photo by Elsa/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu