マイページ

全米オープン

ズベレフ 警告に気づかずポイントを失う珍事。またもGSで結果出せず4回戦敗退

「全米オープン」で主審に詰め寄るズベレフ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)の大会8日目、男子シングルス4回戦。第6シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、6-3、2-6、4-6、3-6で第20シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に敗れ、ベスト8進出はならなかった。試合時間は3時間8分。

同大会2年ぶり2度目のベスト8進出を果たしたシュワルツマンは、第2シードラファエル・ナダル(スペイン)と第22シードのマリン・チリッチ(クロアチア)の勝者と準々決勝で対戦する。


第1セットの第1ゲームでブレークされたズベレフは、なんとか盛り返して第1セットを先取する。しかしそこから失速して逆転され、またもグランドスラムの舞台で結果を出すことができなかった。


第4セットの第7ゲーム、シュワルツマンのサービスゲームでポイント30-15とリードされたところでトラブルが発生。ズベレフはダウン・ザ・ラインを決めようとするが、シュワルツマンに上手く返されると思わず大声で汚い言葉を発してしまった。


このプレーで40-15となると、先ほどの行為によるコードバイオレーションを取られ、そのままシュワルツマンがこのゲームをキープしたことになった。納得のいかないズベレフは主審に「これが最初の警告だろう」と詰め寄り、会場は騒然。実はズベレフはこれよりも前にボールをスタンドに打ち込んだ行為によって、1度警告を受けていたため、これが2度目の警告。それによってポイントを失ったが、雨の音がうるさかったため、1度目の警告に気づいていなかったようだ。


主審に対して「聞こえなかった」というズベレフ。シュワルツマンも「聞こえなかったと思う」と主審に伝えたが、実際に警告は出されており、この判定は覆らなかった。


警告に気づかなかったというトラブルがあったものの、気を取り直して続くゲームをキープしたズベレフだったが、反撃をすることはできず、4回戦敗退となった。


今日のズベレフは第1セットからダブルフォルトが多く、順に6本、4本、4本、3本と持ち味のサーブの調子が上がらなかった。また、セカンドサーブでのポイント取得率がいずれのセットでも40%を切っており、終始シュワルツマンのペースに持ち込まれてしまっていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」で主審に詰め寄るズベレフ
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu