全米オープン

大坂なおみ 同世代ライバルへの3度目の正直ならず。2連覇の夢破れ、1位陥落へ

「全米オープン」での大坂なおみ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会8日目。第1シード大坂なおみ(日本/日清食品)は、5‐7、4‐6で第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)に敗れ、4回戦敗退となった。

「全米オープン」2連覇の夢が破れ、1位の座からの陥落も決まった。今シーズン2連敗、ツアーレベルでは勝ったことがない同世代のライバルに、大坂は3度目の正直を狙った。しかし同じくディフェンディングチャンピオンとして挑んだ「BNPパリバ・オープン」の時同様、完敗だった。


第1セットではいきなりブレークを許した。その後もセカンドサーブを叩かれて苦しむも、世界1位としての意地でブレークバック。しかしラリー戦でも主導権を握れず1セットダウンとされた。


自分を鼓舞するように笑顔を作る大坂だったが、第2セットも苦しい展開に。大坂が前に出るとパッシングショットで抜かれ、ロングラリーになると先に攻められるか、カウンターショットを浴びた。最後は落胆した表情になり、第2セットは1度もチャンスを作ることができず敗れた。


終わってみれば、大坂はウィナーが26本、アンフォーストエラーが21本に対し、ベンチッチのウィナーは29本でアンフォーストエラーは12本。コントロールが良く、大坂の読みを外すショットを続けたベンチッチの方がウィナーが多く、またアンフォーストエラーも少ない完敗だった。


【大坂 対 ベンチッチ 主なスタッツ】
◆大坂
サービスエース         9本
ダブルフォルト         3本
ファーストサーブ成功率     57%
ファーストサーブポイント獲得率 72%
セカンドサーブポイント獲得率  41%
ブレークポイント勝率      1/1
ウィナー            26本
アンフォーストエラー      21本


◆ベンチッチ
サービスエース         0本
ダブルフォルト         6本
ファーストサーブ成功率     61%
ファーストサーブポイント獲得率 82%
セカンドサーブポイント獲得率  59%
ブレークポイント勝率      3/7
ウィナー            29本
アンフォーストエラー      12本


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での大坂なおみ
(Photo by Al Bello/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu