マイページ

全米オープン

大坂なおみ 2連覇すれば自力で1位キープへ。2人のライバルは4回戦敗退

「全米オープン」での大坂なおみ

現在世界1位の大坂なおみ(日本/日清食品)は、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)で2連覇を達成すれば、自力で1位の座をキープすることが可能になった。

今大会が始まる前までは、大坂が2連覇を達成しても、他の選手の成績次第では1位陥落の可能性があった。


しかし、大会7日目に行われた女子シングルス4回戦で、世界2位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と世界3位のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)がどちらも敗退したため、大坂の1位キープの条件が、大坂の2連覇のみに決まった。


もし大坂が2連覇できなかった場合は、バーティが約1ヶ月ぶりに1位に返り咲くことになる。


その大坂の4回戦の相手は、第13シードベリンダ・ベンチッチ(スイス)。大坂とベンチッチはツアー本戦では今シーズンに2回対戦しており、大坂の0勝2敗。なお、その2試合とは別に2013年の下部大会では大坂が勝利し、2017年12月の男女混合国別対抗戦「ホップマンカップ」では敗れている。


両者は同じ1997年生まれ。ベンチッチは2013年の全仏ジュニアとウィンブルドン・ジュニアで優勝し、ジュニアの世界ナンバーワンとしての実績を引っさげて、プロデビューした選手だ。2019年は、大坂が初戦敗退となった2月の「ドバイ・デューティフリー・テニス選手権」で優勝を飾っている。


「全米オープン」公式サイトによると、大坂は「私にとって彼女(ベンチッチ)との対戦はいつも、非常にチャレンジングなものです」「闘いになると思います。彼女は決して諦めません。彼女は全てのポイントに向かってきます。私にとって本当に難しい試合になるだろうと思っています」と話している。


「全米オープン」2連覇、そして1位キープを目指すなかで、大きな1戦を迎えようとしている大坂。まずは目の前のベンチッチから、ツアーでの初勝利を挙げることができるか注目される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での大坂なおみ
(Photo by Al Bello/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!
大坂なおみが大会連覇を目指して戦う!
【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu