全米オープン

錦織「一回休んで、身体を治して」。悔しさをバネに、次は1ヵ月後に東京で

「全米オープン」での錦織

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)で、世界38位のアレックス・デミノー(オーストラリア)に敗れ、3回戦敗退となった錦織圭(日本/日清食品)。錦織は試合後のインタビューで、次に向けて「一回休んで、身体を治して」から「いい準備をしたい」と話している。

この試合、錦織は1・2回戦に続き、サーブの調子が上がらず。それに加え、フォアハンドの簡単なミスが相次いだ。


その結果、アンフォーストエラーは60本を記録し、許したブレークは8度にも及んだ。ただ第3セットと第4セット中盤までは内容も悪くなく、逆転の目もあっただけに錦織にとっては悔しい敗戦となった。


試合を振り返って錦織は「彼のプレーが良かったですね。ディフェンスから攻めから。なかなか自分から攻めても良いディフェンスで返されて、攻めきれない場面が多かったので。彼のプレーも良かったですし、自分の調子が上がってこないことが敗因になったと思います」と語っている。


また今後については「一回休んで、身体を治してから。あと数大会あるので。楽天ジャパンオープンもありますし、アジアシーズンに向けてしっかり良い準備をして臨みたいと思います」と話した。


錦織は「全仏オープン」の途中から右腕にテーピングを施しており、この「全米オープン」中も右肘に痛みを抱えていることを語っていた。


その錦織の次戦は、9月30日から東京で行われる「楽天ジャパンオープン」を予定している。次戦まで約1ヶ月あるため、まずはゆっくり回復し、今回の悔しさをバネに、母国で躍動することが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Emilee Chinn/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!
大坂なおみが大会連覇を目指して戦う!
【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu