マイページ

全米オープン

錦織「少し集中力が落ちて緩んでしまった」。突如崩れる場面があるも3回戦へ

「全米オープン」での錦織圭

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会3日目、男子シングルス2回戦。第7シード錦織圭(日本/日清食品)が世界108位のブラッドリー・クラン(アメリカ)を6-2、4-6、6-3、7-5で破り、同大会7度目の3回戦進出を果たした。その錦織が試合後のインタビューに答えた。

錦織はこの試合、幸先良く第1セットを先取。第2セットもリードしていたが、2度連続のブレークで逆転されていた。更に第4セットも2度サービング・フォー・ザ・マッチを落とすなど、突如崩れる場面も目立った。


錦織は試合を振り返って「少し集中力が落ちて緩んでしまったところがありました」「ちょっとほっとしています。(第4セットの)5-1からまくられたので、かなり集中力は上げて、5-5としたところからしっかりプレーするように心がけました」と語った。


そして「出だしは良かったですね。自分の良いプレーがしっかり出ていたので。第2セットからは彼に押されてディフェンスが増えたので、なるべくそこを修正して。第3、第4セットでは自分から攻めるように意識しながらプレーしました」とも答えた。


この日のニューヨークは雨。錦織の試合が行われたルイ・アームストロング・スタジアムと、アーサー・アッシュ・スタジアム以外は屋根がないため、他のコートの試合は、錦織の試合が終了した時点でまだスタートしていない。錦織は屋根を閉めての試合だったが、そのことについては「雨の中、自分だけ試合ができました。大きなコートで、たくさんのお客さんの前でできたのですごく楽しかったです」と語っている。


勝利した錦織は、第31シードクリスチャン・ガリン(チリ)対アレックス・デミノー(オーストラリア)の勝者と3回戦で対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での錦織圭
(Photo by Al Bello/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う! 

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継 [第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu