マイページ

全米オープン

大坂なおみ 苦戦も連覇に向けて初戦突破。「ナーバスになっていた」

「全米オープン」での大坂なおみ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月26日~男子9月8日・女子7日/ハードコート)大会2日目、女子シングルス1回戦で第1シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界84位のアナ・ブリンコワ(ロシア)と対戦。6-4、6(5)-7、6-2で勝利し、2回戦進出を果たした。試合時間は2時間28分。

勝利した大坂は2回戦でマグダ・リネッテ(ポーランド)と対戦する。リネッテはアストラ・シャルマ(オーストラリア)を破っての勝ち上がり。


大坂はこの試合、立ち上がりでいきなりブレークを喫する悪い流れから入るも、中盤でこれを返すと4ゲームを連取し、第1セットを先取。


第2セットは終盤でブレークし、自身のサービスゲームでマッチポイントを握るも、ここで崩れ追いつかれてしまう。フラストレーションが溜まっている大坂はタイブレークも落とした。それでも第3セットでは落ち着いてゲームを進め、勝利を掴んだ。


試合後に大坂はオンコートインタビューで「この上なくナーバスになっていました。私自身はスロースターターなので、リズムがなかなかつかめませんでしたが、なんとか勝つことができました」と振り返った。


ナーバスになっていたという大坂は、この試合で11本のブレークポイントを握られたが、そのうち決められたのは2本。落ち着いて9本をしのいだ。また、アンフォーストエラーも50本と非常に多かったものの、ウィナーの数は44本とこちらも多く、積極的に攻めていく姿勢が見られた。


インタビューでは「タフな試合から学ぶこともあるので、次に活かしたいです」と語っていた大坂。2回戦も無事に突破し、連覇に向けて勝ち進むことを期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全米オープン」での大坂なおみ
(Photo by Elsa/Getty Images)

「全米オープンテニス」
2019シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニスをWOWOWで独占生中継!
大坂なおみが大会連覇を、錦織圭が日本人男子初のグランドスラム優勝を目指して戦う! 

【放送予定】2019年8月26日(月)~9月9日(月)連日独占生中継 [第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu