全米オープン

【速報】大坂が第1セットを6-2で先取。優勝まであと1セット[全米オープン]

「全米オープン」決勝前のフォトセッションでの様子。左から大坂、ビリー・ジーン・キング、セレナ

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)の大会13日目、女子シングルス決勝で第20シード大坂なおみ(日本/日清食品)が第17シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と対戦。第1セットは6-2で大坂が先取し、優勝まであと1セットとした。

両者は過去に1回対戦している。今年の3月に行われた「マイアミ・オープン」1回戦で、そのときは6-3、6-2で大坂が勝利している。自身初、そして日本女子初のグランドスラム優勝に向けて、大坂の挑戦が始まる。

試合前のインタビューで大坂は「もちろん緊張しています。でも、興奮もしています。セレナのグランドスラムの決勝は何度も見てきました。彼女とここで当たるのは光栄です」と語った。一方、自身24度目のグランドスラム優勝がかかるセレナは「出産を経てこの舞台に帰ってきました。この気持ちは本当にファンタスティックです。なおみは全てのショットが上手です。私も最善を尽くします」と語った。

いつもは試合中もざわつくことの多い「全米オープン」のセンターコートだが、さすがに今日は静寂に包まれた状態で試合が始まった。

第1セットはセレナのサービスゲームから。お互いにキープで迎えた第3ゲームで大坂は30-40とブレークポイントを握った。そしてセレナがダブルフォルトをし、大坂が先にブレークに成功した。

そしてブレーク後の第4ゲームをキープしてゲームカウント3-1とした大坂は、第5ゲームでも再び30-40とブレークのチャンスをつかむ。そしてラリーの末にセレナのショットがネットに掛かり、2ブレークアップ、ゲームカウント4-1とした。

大事な第6ゲーム、大坂は左右にふられながらもしっかりと追いついてクロスウィナーを決めると、セレナがそのショットを称える。しかし、セレナも直後に見事なダウン・ザ・ラインを決め、大きな「カモン!」の声がコートに響いた。そして30-40とセレナに初めてのブレークポイントを握られた大坂だったが、サービスエースを決めてデュースに持ち込む。再びセレナにブレークポイントを握られたが、ここをしのいで最後もサービスエースを決めてキープした。

ゲームカウント5-1で迎えた第7ゲームはセレナにキープされたが、続く第8ゲームが大坂のサービング・フォー・ザ・セットとなった。ここでも大坂はセレナの反撃を許さずにキープし、第1セットを6-2で先取した。

セレナはファーストサーブの成功率が低く、ダブルフォルト、アンフォーストエラーもいつもより多い。第1セットはそれにも助けられた形となった。

試合は先に2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」決勝前のフォトセッションでの様子。左から大坂、ビリー・ジーン・キング、セレナ
(Photo by Elsa/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu