マイページ

全米オープン

錦織、ジョコビッチは「本当にさすがです」。相手の全く隙なかったプレー称える[全米オープン]

「全米オープン」準決勝での錦織

錦織圭(日本/日清食品)は「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)男子シングルス準決勝で、第6シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)に3-6、4-6、2-6と残念ながらストレートで敗れた。

錦織は序盤プレーに固さがあり第1セットを落とすと、その後もジョコビッチの鉄壁のディフェンスとカウンターを崩す事はできなかった。

試合後の記者会見で、錦織は「彼のサーブ、リターングラウンドストローク、全てにおいてつけ入る隙がなかった。彼は攻撃的なプレーをしていた。僕は彼についていけるだけのエネルギーがなかった」と振り返った。

そして「相手がノバクでなかったら、もう少しいいプレーをするチャンスがあったかもしれない。でも彼は今日、素晴らしいテニスをしていた。本当にさすがです」とジョコビッチの質の高いプレーを称えた。「自分とやるときは画面で見るより強いなと。1段階か2段階、レベルを上げてくる」。錦織がそう感じるほど、ジョコビッチの対錦織戦での気迫は凄まじいのかもしれない。

悔しさを滲ませる一方、今大会を通しては「前の2試合はすごくいいテニスをして、チリッチ(マリン・チリッチ)とディエゴ(ディエゴ・シュワルツマン)という強い選手に勝ちました。また準決勝に来られてとても嬉しい」と話し、「もう1度決勝でプレーできたらもっといいでしょうね、できれば次の機会に」と前を向いた。

錦織にとって故障から復帰した今シーズン。そのシーズン最後のグランドスラムで、強敵たちとの素晴らしい激闘を見せてくれた。心から拍手を送るとともに、これからも錦織の活躍に注目したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」準決勝での錦織
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu