マイページ

全米オープン

【9/6全米注目ドロー】大坂 決勝進出かけてキーズと因縁の対決。セレナも準決勝に臨む。車いすの部ダブルスには国枝ペア、上地ペアが登場。

「全米オープン」準々決勝での大坂

現地の9月6日、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)大会11日目。男子ダブルス準決勝、女子シングルス準決勝、女子ダブルス準決勝、車いす男子ダブルス準決勝、車いす女子ダブルス準優勝が行われる。

女子シングルス準決勝では、日本人女子初の「全米オープン」ベスト4入りを果たした大坂なおみ(日本/日清食品)が、第14シードマディソン・キーズ(アメリカ)と対戦する。両者の対戦成績は大坂の0勝3敗。2016年同大会で対戦した時は、最終セット5-1から逆転され大坂は敗れていた。

「二人とも2年前の対戦以来はとても成長した。今回は何をすべきか私の頭の中ではっきりしている」と話す大坂。勢いを落とすことなく、決勝進出への切符を手にすることに期待がかかる。

両者の対戦は、日本時間7日午前10時ごろ開始予定だ。

一方、第17シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は第19シードのアナスタシア・セバストワ(ラトビア)と対戦する。シングルスでグランドスラムのタイトルを23個獲得しているセレナは、今大会で2年ぶりのベスト4進出を果たしている。セバストワは準々決勝で前年覇者のスローン・スティーブンス(アメリカ)を破っての勝ち上がり。

今回が初めてとなる両者の対戦は、日本時間7日午前8時に開始予定。

車いす男子ダブルスでは、国枝慎吾(日本/ユニクロ)/グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)が第2シードのアルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)と。車いす女子ダブルスでは、第1シードの上地結衣(日本/エイベックス)/ディーダ・デ グロート(オランダ)がサビーネ・エラルブロック(ドイツ)/ルーシー・シューカー(イギリス)との準決勝に臨む。

◇   ◇   ◇

【9月6日の注目ドロー

◆男子ダブルス

準決勝

[3]マイク・ブライアン(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)対 [5]フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)

[7]ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)対 ラドゥ・アルボット(モルドバ)/マレク・ジャジリ(チュニジア)

◆女子シングルス

準決勝

[14]マディソン・キーズ(アメリカ)対 [20]大坂なおみ(日本/日清食品)

[17]セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)対 [19]アナスタシア・セバストワ(ラトビア)

◆女子ダブルス

準決勝

[1]バーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)対 [13]アシュリー・バーティ(オーストラリア)/ココ・バンダウェイ(アメリカ)

サマンサ・ストーサー(オーストラリア)/ジャン・シューアイ(中国)対 [2]ティメア・バボス(ハンガリー)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)

◆車いす男子ダブルス

準決勝

グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/国枝慎吾(日本/ユニクロ)対 [2]アルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)

◆車いす女子ダブルス

準決勝

[1]ディーダ・デ グロート(オランダ)/上地結衣(日本/エイベックス)対 サビーネ・エラルブロック(ドイツ)/ルーシー・シューカー(イギリス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」準々決勝での大坂
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu