全米オープン

【9/5全米まとめ】錦織、大坂は史上初の男女ともにベスト4入り。ジョコ、世界14位キーズが準決勝へ

「全米オープン」での錦織

現地の9月5日、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)大会10日目。男子シングルス準々決勝、男子ダブルス準々決勝、女子シングルス準々決勝、女子ダブルス準々決勝、混合ダブルス準決勝が行われた。

大会10日目は、錦織圭(日本/日清食品)、大坂なおみ(日本/日清食品)がダブルでベスト4入りを果たした。日本人選手の男女が同じ大会でグランドスラムのベスト4に進出するのは、史上初となる。

男子シングルス準々決勝で、第21シード錦織圭(日本/日清食品)が第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)に2-6、6-4、7-6(5)、4-6、6-4で勝利しベスト4進出を果たした。2014年「全米オープン」決勝で対戦し敗れていた錦織は、今回見事に雪辱を果たした。

また、試合を決めた最後のリターンエースについては「100%こっちに来ると思っていたので、待っていましたね」と笑顔で語った。

一方、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は世界55位のジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦。6-3、6-4、6-4のストレートで勝利した。ジョコビッチは準決勝で、今年4度目となる錦織との対戦に臨む。

女子シングルス準々決勝では、第20シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界36位のレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)と対戦し、6-1、6-1と圧勝。またグランドスラムにおいて自身初のベスト4進出、日本人女子として初の「全米オープン」ベスト4進出を果たした。

一方、第14シードのマディソン・キーズ(アメリカ)は第30シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)に6-4、6-3で勝利。前年の「全米オープン」準優勝のキーズが、準決勝進出を決めた。

◇   ◇   ◇

【9月5日 主な試合結果】

◆男子シングルス

準々決勝

〇[21]錦織圭(日本/日清食品)2-6、6-4、7-6(5)、4-6、6-4 ●[7]マリン・チリッチ(クロアチア)

〇[6]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-3、6-4、6-4 ●ジョン・ミルマン(オーストラリア)

◆男子ダブルス

準々決勝

〇[3]マイク・ブライアン(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)6-4、7-6(3) ●マッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)/ニコラス・ジャリー(チリ)

◆女子シングルス

準々決勝

〇[20]大坂なおみ(日本/日清食品)6-1、6-1 ●レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)

〇[14]マディソン・キーズ(アメリカ)6-4、6-3 ●[30]カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)

◆女子ダブルス

準々決勝

〇[1]バーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)2-6、7-6(7)、6-3 ●[7]エリース・メルテンス(ベルギー)/デミ・シヒュース(オランダ)

◆混合ダブルス

準決勝

ベサニー・マテック サンズ(アメリカ)/ジェイミー・マレー(イギリス)6-4、2-6、10-8 ●[WC]クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)/クリスチャン・ハリソン(アメリカ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Chaz Niell/Icon Sportswire via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu