全米オープン

錦織がベスト8進出「判断力や集中力を保つのがすごく大変だった」。酷暑の中の試合を振り返る[全米オープン]

「全米オープン」4回戦での錦織

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)の大会8日目、男子シングルス4回戦で錦織圭(日本/日清食品)がフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に6-3、6-2、7-5のストレートで破り、自身3度目となるベスト8進出を決めた。その錦織が試合後のインタビューに答えた。

今日は30℃を超える見込みとなったニューヨーク。そして錦織にとっては今大会初めて太陽が高い時間帯での試合となったが、その暑さについて聞かれた錦織は「3セットで終わることができてラッキーでした。本当に今日の試合は大変でした。暑さでとてもきつかったし、コールシュライバーもきっとそうだったと思う。2人ともこの暑さに参っていたんじゃないかなと思う」と答えた。そして「今日はすごく暑く、判断力や集中力を保つのがすごく大変だった中で十分なテニスができたかと思います」と試合を振り返った。

そして、第3セットの終盤、サービング・フォー・ザ・マッチの場面でブレークされたことについては「この試合のカギとなったのは、第3セット、5-4で30-0のあたりから、コールシュライバーが本当に激しく打ち返してきました。そんな中で追いつかれたけれど、最後の2ゲームは自分で良いプレーができたんじゃないかと思う」「5-4のサービスゲームだけは反省点がありますが、それ以外はほぼ完璧に近いものができたと思います」と答えた。また、ブレークされた状態からの気持ちについては「集中力を取り戻すことだけを考えました。ショックはショックでしたが、なるべく振り返らず、1ポイントずつ集中してやりきることだけを考えました」とコメントした。

錦織は、この後に同じコートで試合を行う大坂なおみ(日本/日清食品)に対してエールを求められると「頑張って欲しいです」とだけ答えた。そして「ちょっと疲れて。もう気力が無くなりました」と疲れを見せながらも笑顔で答えた。

次戦の相手はこの後に行われるマリン・チリッチ(クロアチア)とダビド・ゴファン(ベルギー)の勝者。錦織は「この勝利を自信にして次も頑張ります」と日本のファンに向けて意気込みを語った。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」4回戦での錦織
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu