マイページ

全米オープン

【9/3全米注目ドロー】錦織は世界34位のコールシュライバーと。大坂は世界20位で同年代のサバレンカとベスト8をかけて対戦。

「全米オープン」3回戦での錦織圭

現地の9月3日、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)大会8日目。男子シングルス4回戦、男子ダブルス3回戦、女子シングルス4回戦、女子ダブルス3回戦、混合ダブルス準々決勝が行われる。

男子シングルス4回戦で、第21シード錦織圭(日本/日清食品)が世界34位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦。コールシュライバーは3回戦で、世界4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を破っている。

錦織はコールシュライバーについて「彼は良い友人です」「タッチがすごくあって、バックハンドも上手い選手です」と話している。また3回戦の後、次戦に向けて「今日みたいなラリー戦になると思いますが、今日みたいなテニスをしっかり心がけて頑張りたいと思います」と意気込みを話していた。

ベスト8をかけた両者の対戦は日本時間4日午前0時に開始予定。

「全米オープン」で5回優勝しているロジャー・フェデラー(スイス)は、世界55位のジョン・ミルマン(オーストラリア)と対戦。両者の対戦は日本時間4日午前10時ごろに開始予定。

そのほか、第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が世界68位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)と。第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)が第19シードのダビド・ゴファン(ベルギー)との4回戦に臨む。

女子シングルス4回戦では、第20シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第26シードで世界20位のアーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)と対戦する。同年代の両者は今回が初めての対戦となる。「もう勝ち続けるしかありません。私の目標は決勝に行くことなのでそのために全力を尽くします」と話す大坂の4回戦にも期待がかかる。

錦織に続いて同コートで行われる大坂の試合は、日本時間4日午前2時ごろに開始予定。

2006年「全米オープン」優勝者で第22シードのマリア・シャラポワ(ロシア)は、第30シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)と対戦予定だ。

◇   ◇   ◇

【9月3日の注目ドロー

◆男子シングルス

4回戦

[21]錦織圭(日本/日清食品)対 フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)

ジョン・ミルマン(オーストラリア)対 [2]ロジャー・フェデラー(スイス)

[6]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)対 ジョアン・ソウザ(ポルトガル)

[7]マリン・チリッチ(クロアチア)対 [10]ダビド・ゴファン(ベルギー)

◆男子ダブルス

3回戦

[16]ドミニク・イングロット(イギリス)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)対 [3]マイク・ブライアン(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)

◆女子シングルス

4回戦

[26]アーニャ・サバレンカ(ベラルーシ)対 [20]大坂なおみ(日本/日清食品)

[30]カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)対 [22]マリア・シャラポワ(ロシア)

[14]マディソン・キーズ(アメリカ)対 [29]ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)

マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)対 レシヤ・ツレンコ(ウクライナ)

◆女子ダブルス

3回戦

[3]アンドレア・フラバチコバ(チェコ)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)対 [13]アシュリー・バーティ(オーストラリア)/ココ・バンダウェイ(アメリカ)

◆混合ダブルス

準々決勝

ジャン・シューアイ(中国)/ジョン・ピアース(オーストラリア)対 [2]ニコール・メリチャー(アメリカ)/オリバー・マラック(オーストリア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」3回戦での錦織圭
(Photo by Elsa/Getty Images)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu