全米オープン

錦織「とても残念」モンフィスの途中棄権と試合内容について語る[全米オープン]

「全米オープン」2回戦での錦織(左)と途中棄権したモンフィス

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦でガエル・モンフィス(フランス)の途中棄権により、6-2、5-4(RET)で3回戦進出を果たした錦織圭(日本/日清食品)が、試合後のインタビューに答えた。

最初に錦織はモンフィスの棄権について「モンフィスのリタイアはとても残念。彼はこれまでいい戦いをしてきたライバル。自分もこれまで怪我を経験してきたけれど、彼のリタイアは本当に残念だ」と語った。

そして試合については「第1セットの内容、出来はとても良かったので、この試合はポジティブにとらえている」と答えた。また、「この夏、『全米オープン』の前哨戦はあまり良くなかったけれども、ここに来て1回戦、2回戦ととても良い試合ができているので、どんどん自信がついてきている」と語った。そして「『全米オープン』にはとてもいい思い出がある。ニューヨークでのプレーをとても楽しんでいる」とも答えた。

そして3回戦の対戦相手となるディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)については「彼とは先週練習を一緒にやった。タフな選手だからタフな試合になるだろう。これまでもいい試合をしてきたから、楽しみにしている」と語った。

対戦相手となるシュワルツマンとの対戦成績は、錦織の2勝0敗。第13シードの強敵だが、これまでの勢いを絶やすことなく勝利に向かうと期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」2回戦での錦織(左)と途中棄権したモンフィス
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu