全米オープン

【8/28全米まとめ】錦織、大坂ともに快勝で2回戦へ。西岡はフェデラー相手に一矢報いるも初戦敗退

「全米オープン」での錦織

現地の8月28日、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)大会2日目。男子シングルス1回戦、女子シングルス1回戦が行われた。

男子シングルス1回戦、第21シード錦織圭(日本/日清食品)は、世界ランキング50位のマクシミリアン・マルテレル(ドイツ)に6-2、6-2、6-3のストレートで勝利した。

試合を振り返って錦織は「今日はほとんど完璧な内容だった。大満足。読みも当たっていて、ゾーンに入っているようなプレーができた」と語った。数字を見ても、25本のウィナーを決めるなど、非常に調子良くプレーを進めた。

世界177位の西岡良仁(日本/ミキハウス)は、第2シードで同大会、10年ぶりの優勝を目指すロジャー・フェデラー(スイス)と対戦し、2-6、2-6、4-6で敗れた。

結果は残念ながらストレート完敗となったが、終盤には良いラリーやウィナーも繰り出し一矢報いた西岡。グランドスラムのセンターコートでフェデラーと対戦できた経験を糧に、今後の活躍も期待だ。

このほか、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)や第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)ら、上位シード勢が順当な勝ち上がり。また、日本勢ではダニエル太郎(日本/エイブル)、杉田祐一(日本/三菱電機)が残念ながら敗れ、1回戦で姿を消した。

女子はシングルス1回戦で、第20シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が世界146位のラウラ・シグムンド(ドイツ)に6-3、6-2の快勝。「全米オープン」で3年連続、1回戦突破を果たした。

大坂は試合について「自分のプレーに徹した」と語り、自分の思ったテニスができたか、という質問には「今の状況でできるだけのことはした」とコメント。自らの目指す「楽しいテニス」で、2回戦も勝ち上がりに期待だ。

このほか、第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)や、第4シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)ら上位シード勢が、男子と同様に順当な勝ち上がりをみせた。

◇   ◇   ◇

【8月28日 主な試合結果】

◆「全米オープン」

男子シングルス1回戦

〇[21]錦織圭(日本/日清食品)6-2、6-2、6-3 ●マクシミリアン・マルテレル(ドイツ)

〇[2]ロジャー・フェデラー(スイス)6-2、6-2、6-4 ●[PR]西岡良仁(日本/ミキハウス)

アレックス・デミノー(オーストラリア)6-0、6-1、6-2 ●ダニエル太郎(日本/エイブル)

〇[26]リシャール・ガスケ(フランス)6-3、6-1、6-3 ●杉田祐一(日本/三菱電機)

〇[4]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)6-2、6-1、6-2 ●[LL]ピーター・ポランスキー(カナダ)

〇[6]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-3、3-6、6-4、6-0 ●マートン・フクソービッチ(ハンガリー)

〇[7]マリン・チリッチ(クロアチア)7-5、6-1、1-1(Ret) ●マリウス・コピル(ルーマニア)

〇[10]ダビド・ゴファン(ベルギー)6-2、6-4、7-6(5) ●[Q]フェデリコ・ガイオ(イタリア)

女子シングルス1回戦

〇[20]大坂なおみ(日本/日清食品)6-3、6-2 ●ラウラ・シグムンド(ドイツ)

〇[22]マリア・シャラポワ(ロシア)6-2、7-6(6) ●[Q]パティ・シュニーダー(スイス)

〇[2]カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)6-3、6-2 ●サマンサ・ストーサー(オーストラリア)

〇[4]アンジェリック・ケルバー(ドイツ)7-6(5)、6-3 ●マルガリータ・ガスパリアン(ロシア)

〇[5]ペトラ・クビトバ(チェコ)6-1、6-4 ●ヤニナ・ウイックマイヤー(ベルギー)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全米オープン」での錦織
(Photo by Elsa/Getty Images)

全米オープンの関連記事

PAGE TOP
menu