全米オープン

ダニエル太郎と杉田、全米への意気込みを話す[全米オープン]

「ATP250 ウィンストン・セーラム」の時のダニエル太郎

いよいよ幕を開ける、今シーズン最後のグランドスラム、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月27日~9月9日/ハードコート)。ダニエル太郎(日本/エイブル)と杉田祐一(日本/三菱電機)がファンに向けて意気込みを話した。

WOWOWテニス公式Twitterで、二人の話している動画がそれぞれ投稿された。

ダニエル太郎は「いつも本当に応援ありがとうございます。いつも海外で試合をやっている時、夜中でも応援してくれている人たち本当に感謝です」と日頃の感謝を述べた。そして「僕は今ニューヨークでUSオープン1回戦の準備をしているんですけど、またすごいタフで楽しみな試合になるので、皆さんの応援のおかげで少しでも勝てるチャンスが増えればなと思うので、(応援)よろしくお願いします」とファンに向けて話した。

一方、杉田は「今年最後の(グランドスラムの)全米オープン、思いっきり頑張ります」と意気込みを話した。

現在世界64位(ランキングは8月27日時点)のダニエル太郎は、前週の「ATP250 ウィンストン・セーラム」で、ハードコートの大会において初のベスト4進出。「全米オープン」1回戦では世界45位のアレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦予定だ。世界91位の杉田は1回戦で、第26シードで世界25位のリシャール・ガスケ(フランス)と対戦予定。

「全米オープン」でもそれぞれの活躍に期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATP250 ウィンストン・セーラム」の時のダニエル太郎
(Photo by Jared C. Tilton/Getty Images)

日本人まとめページバナー.jpg

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu