マイページ

全仏オープン

世界6位ケニン 全仏OP決勝「本当に勝ちたい」。相手はノーシードの19歳

「全仏オープン」でのケニン

「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)女子シングルスで、自身初の同大会決勝進出を果たした第4シードソフィア・ケニン(アメリカ)。「全豪オープン」に続き、今シーズン2度目のグランドスラム優勝まであと1勝と迫っている。

準決勝では、過去0勝2敗だったペトラ・クビトバ(チェコ)を撃破。試合後の記者会見でケニンは「とても特別なこと。自分のプレーや物事がうまくいっていることに本当に感謝している」と話した。


「グランドスラムの決勝に進むのは簡単なことじゃない。それが今年は2回もできているなんて、本当に特別なことよ」


そして決勝の相手は、世界54位のイガ・シフィオンテク(ポーランド)。ノーシードの19歳シフィオンテクは、今大会で圧倒的な強さを見せている。4回戦で第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)に圧勝した試合を含め、準決勝まですべてストレート勝利。6試合で失ったのは23ゲームと、1試合平均で4ゲーム以下だ。


ケニンとシフィオンテクは今回がツアーでの初対戦となるが、ケニンは「ジュニアの時、彼女に負けたことを覚えている」と話した。さらに「もちろん、二人とも今はもうあの時とは違うプレーヤー。つまり、今の彼女を把握しなければならない。彼女はここで素晴らしい2週間を戦っている。素晴らしい結果を出してきていて、本当に良いテニスをしている」とシフィオンテクを警戒。


その上で、決勝に向けて「メルボルン(全豪オープン)での経験を活かして、決勝でそれが私の力となることを願っているわ」と意気込んだ。


「本当に勝ちたい。何とか緊張に負けないようにしないとね。もちろん、勝てる可能性は十分にある」


一方挑戦者となるシフィオンテクは、準決勝後の記者会見で次のように対照的な発言をしている。


「勝っても負けても気にしない。自分のベストなテニスをするだけ。決勝進出も素晴らしい結果なので、私には全くプレッシャーがないわ」


全豪覇者であるトップ10と、ノーシードがぶつかることになった女子シングルス決勝。「全仏オープン」初優勝を勝ち取るのはどちらの選手か。ケニンとシフィオンテクの決勝は、10日の大会14日目に行われる予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのケニン
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継!

現地の感動と興奮をWOWOWで連日生中継!熱戦必至、今年最後のグランドスラムは見逃せない。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu