マイページ

全仏オープン

【速報】ティームが力尽きる。5時間超の死闘の末シュワルツマンがベスト4進出

「全仏オープン」でのティーム

現地6日の「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)大会10日目。男子シングルス準々決勝で、第3シードドミニク・ティーム(オーストリア)が第12シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。ティームが6(1)-7、7-5、7-6(6)、6(5)-7、2-6とフルセットの末敗れ、5年連続のベスト4を逃した。試合時間は5時間8分。

いずれのセットも激闘の競った内容となり、第4セット終了時点で4時間半を超えたこの試合。勝負が決まる第5セットはシュワルツマンのサービスゲームからスタート。


第2・3・4セットでは最初のリターンゲームでリードを作ったティームだが、ここではブレークならず。このセットではお互い順調にキープしていたが、第6ゲームで先にティームが0-40のピンチを迎える。しのぎたいティームだが1本で決められてしまい、ゲームカウント2-4と苦しい展開に。


更にゲームカウント2-5で迎えた第8ゲームでもブレークされ、ティームは力尽きた。


一方のシュワルツマンはグランドスラムで初めてのベスト4進出となった。


勝利したシュワルツマンは準決勝で、第2シードラファエル・ナダル(スペイン)対世界75位のヤニク・シンネル(イタリア)の勝者と対戦する。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのティーム
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継!

現地の感動と興奮をWOWOWで連日生中継!熱戦必至、今年最後のグランドスラムは見逃せない。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu