マイページ

全仏オープン

【速報】ティームが第1セットを落とす。シュワルツマンとの全仏OP準々決勝

「全仏オープン」でのティーム

現地6日の「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)大会10日目。男子シングルス準々決勝で、第3シードドミニク・ティーム(オーストリア)が第12シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。ティームが第1セットを6(1)-7で落とした。

両者は過去に8度対戦しており、ティームから見て6勝2敗。ティーム、シュワルツマンともにクレーコートを得意としている選手で、シュワルツマンは前哨戦である「ATP1000 ローマ」では準優勝を果たしている。グランドスラム2大会連続制覇を狙うティームが、同世代のライバルを押さえてベスト4進出を果たせるのか、注目される。


第1セットはティームのサービスゲームから始まった。立ち上がり、第1ゲームでブレークポイントを握られたティームだが、サービスエースでピンチをしのぎ、キープ。その後も両者サービスゲームをキープする展開が続く。ティームは第2、第4ゲームともにラブゲームでキープされ、シュワルツマンからポイントを奪うことができていない。


しかし、第6ゲームでついにティームが15-40とブレークポイントを握った。1本はしのがれたが、続くラリーでティームのショットが際どくイン。シュワルツマンも抗議したが、ティームがブレークに成功する。


だが第7ゲームで、あっさりとブレークバックを喫してしまう。その後両者ともにチャンスはあったが決めきれず、タイブレークへもつれ込む。


ティームは序盤5ポイントを奪われると追いつくことができず、第1セットを落とした。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのティーム
(Photo by TPN/Getty Images)

全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継!

現地の感動と興奮をWOWOWで連日生中継!熱戦必至、今年最後のグランドスラムは見逃せない。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu