マイページ

全仏オープン

憧れのナダルと対戦したコルダ。ねだって直筆メッセージ入りウェアをゲット!

「全仏オープン」でのコルダ

現地4日の「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)男子シングルス4回戦で、世界213位のセバスチャン・コルダ(アメリカ)は、「僕の一番のアイドル」と憧れる第2シードラファエル・ナダル(スペイン)と対戦し、1-6、1-6、2-6で敗れた。そのコルダは試合後に、ナダルにねだって直筆メッセージ入りウェアをもらったという。

コルダは現在20歳。今大会の開幕前まではツアーレベルで0勝3敗だった。しかし予選3試合を勝ち抜くと、1回戦で世界98位のアンドレアス・セッピ(イタリア)を相手にツアー初勝利。そして2回戦で第21シードジョン・イズナー(アメリカ)、3回戦でペドロ・マルチネス(スペイン)を破り、ナダルとの4回戦にこぎつけていた。


コルダは記者会見で憧れのナダルとの対戦についてこう振り返っている。


「間違いなく人生で最高の瞬間だったよ。本当に最高だった。(試合終了時の)ラケットタッチをした時に、サイン入りウェアをお願いしたんだ。試合後にサインをお願いした人がいるか分からないけれど。あれは間違いなく僕の人生で一番クールな瞬間だったし、絶対に忘れられない瞬間だよ」


試合後、ナダルはウェアに「友人のセバスチャンへ、君がテニスで成功することを願っている」とメッセージを書いて贈った。コルダは自身のInstagramストーリーズにナダルがメッセージを書いているところの写真をアップし、喜んだ。


「子どもの頃から彼が大好きだったし、彼のすべてが好きだった。すべての試合を見た。彼が誰と対戦してようが、どの大会だろうが、僕にとっては彼が一番だった。初めてグランドスラムの出場権を得て、初めてツアーレベルで勝利して、4回戦で(センターコートの)シャトリエでラファと対戦できたことは、とても幸せなことだよ」


一方勝利したナダルは、準々決勝で世界75位のヤニク・シンネル(イタリア)と対戦する。シンネルは第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのコルダ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継!

現地の感動と興奮をWOWOWで連日生中継!熱戦必至、今年最後のグランドスラムは見逃せない。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu