マイページ

全仏オープン

【速報】錦織が第1セットを落とす。世界74位のトラバグリアとの全仏OP2回戦

「全仏オープン」での錦織圭

現地30日の「全仏オープン」(フランス・パリ/9月27日~10月11日/クレーコート)大会4日目。男子シングルス2回戦で、世界35位の錦織圭(日本/日清食品)が世界74位のステファノ・トラバグリア(イタリア)と対戦。第1セットは錦織が4-6で落とした。

両者は今回が初の対戦。1回戦で第32シードダニエル・エバンズ(イギリス)をフルセットの末に破り、約1年ぶりのグランドスラム復帰戦で勝利した錦織は、トラバグリアについて「彼がクレーコートが得意なのは知っています。ローマでも良いプレーをしていました」と1回戦後の記者会見で語っていた。ツアー復帰からまだ1ヶ月も経っていない状態の錦織だが、試合勘を取り戻し、3回戦へ駒を進めることができるのか、注目される。


第1セットは錦織のサービスゲームから始まった。第1ゲームでいきなり0-40とされた錦織は、2本しのいだもののブレークを喫し、立ち上がりから追う立場に。錦織は第2ゲームでチャンスを作るも、ここではブレークバックすることができない。


それでも落ち着いたプレーを見せる錦織は、第4ゲームでトラバグリアのドロップショットに見事な反応を見せて0-40と大きなチャンスをつかむ。しかしここでもブレークバックすることができず、差を詰められない。


錦織は第6ゲームでも相手コートを広く使って揺さぶり、ブレークポイントを握る。そして今度こそブレークバックに成功し、ゲームカウント3-3のイーブンに戻した。しかし直後の第7ゲームで再びブレークを喫し、またも錦織が追う立場に。


更に第8ゲームでもチャンスがありながら、ブレークバックならず。そしてトラバグリアのサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームでもブレークすることができず、第1セットを落とした。


錦織はこのセットで7本のチャンスがあったが、ブレークに成功したのは1本だけ。一方トラバグリアは4本中2本をブレークに繋げた。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

錦織圭出場!全仏オープンテニス WOWOWで連日生中継! 9/27(日)開幕!

"日本のエース"錦織圭の戦いや13度目の優勝を狙うナダルなど、現地の感動と興奮を連日生中継でお伝えする。

【放送予定】 9/27(日)~10/11(日)連日生中継 [大会第1日無料放送]

■詳細・放送スケジュールはこちら >>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu