マイページ

全仏オープン

錦織がカメラサインで唐突に書いた、まさかのカタカナ【2019年全仏名場面】

2019年「全仏オープン」での錦織

本来なら先週まで行われている予定だった「全仏オープン」。今年は新型コロナウイルスの影響のため9月へ延期となったが、今回は過去の同大会での錦織圭(日本/日清食品)の名場面を紹介する。

紹介するのは、2019年大会の男子シングルス4回戦、ブノワ・ペール(フランス)との戦いが終わった直後のこと。


テニスの大きな大会では、勝利選手が中継カメラに取り付けられた専用の透明な板に、サインパフォーマンスをすることがある。錦織はこの試合に勝利した際、「チョレイ!!」とカタカナで書いた。


卓球の張本智和がポイントを獲得した時に叫ぶ「チョレイ!!」を、唐突に錦織が使ったことで、当時Twitterでは「チョレイ」がトレンド入りするほど話題に。


錦織は記者会見でこのことについて聞かれ、「"チョレイ!!"という気分だったので(笑)。本当は張本君の一番良い時のガッツポーズみたいな、エビぞりみたいなポーズをしたかったんですけど、全く元気がなかったのでできなかったです。個人的に(彼の)ガッツポーズが好きなので」と理由を語っていた。


「全く元気がなかったので」と語っていた通り、この試合は精神的にも肉体的にもタフな死闘だった。錦織はセットカウント2-1とリードするも、日没サスペンデッドに。翌日再開されたが、第4セットをタイブレークの末に落とすと、第5セットではゲームカウント3-5でペールのサービング・フォー・ザ・マッチと、後がない窮地に追い込まれた。しかし錦織は諦めず逆転。スコアは6-2、6(8)-7、6-2、6(8)-7、7-5、試合時間は3時間55分だった。


またこの試合の前の3回戦も、ラスロ・ジェレ(セルビア)を相手に、6-4、6(6)-7、6-3、4-6、8-6、試合時間は4時間26分の死闘を繰り広げていた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「全仏オープン」での錦織
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu