マイページ

全仏オープン

錦織の打球が、消えた?相手もビックリ【2019年全仏珍場面】

2019年「全仏オープン」での錦織

本来なら今週行われている予定だった「全仏オープン」。今年は新型コロナウイルスの影響のため9月へ延期となったが、今回は過去の同大会の錦織圭(日本/日清食品)の試合で起きた、珍場面を紹介する。

紹介するのは、2019年大会の男子シングルス4回戦でのもの。ブノワ・ペール(フランス)との対戦で、錦織は6-2、6(8)-7、6-2、1-3とセットカウントではリードするも接戦となっていた。


球足の遅いクレーコートでのラリーは長くなり、ペールが先にネット前へ。繊細なタッチが特長のペールだが、ここでのボレーは甘くなってしまい、ネット前に浮くチャンスボールとなった。そこで錦織も前に出ると、フォアハンドで思い切り強打。ペールのボディに当たったように見えたが、肝心のボールが見当たらない。


なんとペールのラケットの、面とグリップの間にある三角型の隙間にすっぽりと入っていたのだ。観客からは爆笑の声が上がり、ペールもビックリしてラケットを見つめ呆然としていた。


この錦織対ペールの試合は死闘に。この珍場面が起きる前、錦織から見てセットカウント2-1となった時点で日没サスペンデッドとなり、2日がかりの試合となっていた。更に錦織は第4セットをタイブレークの末に落とすと、第5セットではゲームカウント3-5でペールのサービング・フォー・ザ・マッチと、後がない窮地に追い込まれた。しかし錦織は諦めず逆転。スコアは6-2、6(8)-7、6-2、6(8)-7、7-5、試合時間は3時間55分の死闘を制し、2年ぶり自身3度目となるベスト8進出を果たした。


(テニスデイリー編集部)


※写真は2019年「全仏オープン」での錦織
(Photo by Mehdi Taamallah/NurPhoto via Getty Images)

main_image.jpg

「ウィンブルドン2020オフィシャルタオル」

幻の大会となる2020年号入りのレアなアイテムがなんと数量限定で入荷!

テニス選手にも大人気の吸水性に優れたおしゃれなチャンピオンシップタオルは、wowshopで販売中。

商品ラインナップおよび詳細はこちら>

[PR]

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu