マイページ

全仏オープン

【速報】ナダルが前人未踏のV12達成。ティーム撃破でグランドスラム通算18個目のタイトル獲得[全仏オープン]

「全仏オープン」で優勝したナダル

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で第2シードラファエル・ナダル(スペイン)と第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が対戦。6-3、5-7、6-1、6-1でナダルが勝利し、同大会12度目となる優勝を果たした。また、ナダルはこれでグランドスラム通算18個目のタイトルを獲得したことになる。

第4セットはナダルのサービスゲームから始まった。第1ゲームでブレークポイントを握られたナダルだが、強烈なフォアハンドウィナーを決めてしのぎ、キープする。


続く第2ゲームで逆にブレークチャンスを迎えたナダルは、ラリーを制してブレークに成功。さらに第3ゲームで2本のブレークポイントをしのいでキープし、3ゲームを連取して1ブレークアップとした。


第4ゲームでも3本のブレークポイントを握ったナダルだが、ここはティームにしのがれてしまった。


第5ゲームをキープしたナダルは、第6ゲームでブレークポイントを握ると、ティームの渾身のショットが大きくアウトになり、2ブレークアップとした。


そしてナダルのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第7ゲーム。ここをしっかりと取ったナダルが勝利し、見事「全仏オープン」12度目の優勝を果たした。


この12度目の優勝により、ナダルはマーガレット・コート(「全豪オープン」で11度優勝)と並んでいたグランドスラム同一大会での最多優勝記録を塗り替えた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」で優勝したナダル
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
グランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オープンテニスをWOWOWで決勝まで連日生中継!

■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu