全仏オープン

【速報】ジョコビッチが第4セットを取り、最終セットへもつれ込む。ティームとの準決勝[全仏オープン]

「全仏オープン」でのジョコビッチ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)大会14日目、男子シングルス準決勝で第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が対戦。第4セットは7-5でジョコビッチが取り、セットカウント2-2として最終セットへもつれ込んだ。

第4セットもティームのサービスゲームから始まった。セットカウント1-2と後が無くなったジョコビッチは、第3ゲームでブレークに成功するが、続く第4ゲームでティームにブレークポイントを握られると、2本はしのいだものの、最後はティームのショットがコードボールとなってジョコビッチが対応できず、ブレークバックを喫してしまった。


それでも第5ゲームでジョコビッチがラブゲームでブレークして再び先行すると、第6ゲームもラブゲームでキープし、リードを保つ。


しかし、第8ゲームでまたも30-40とピンチを迎えたジョコビッチは、ドロップショットを放つもネットを越えられずにブレークバックを喫し、ゲームカウント4-4とされた。


だが、お互いにキープして迎えた第11ゲームでジョコビッチがブレークポイントを握ると、ティームがダブルフォルトをし、ゲームカウント6-5とする。そしてジョコビッチのサービング・フォー・ザ・セットとなった第12ゲームを守ったジョコビッチが、第4セットを7-5で奪い、試合は最終セットへもつれ込んだ。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第5セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」のジョコビッチ
(Photo by Clive Mason/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
グランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オープンテニスをWOWOWで決勝まで連日生中継!

■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu