マイページ

全仏オープン

ジョコビッチ 2日がかりの準決勝へ。車いすの部では上地が3連覇をかけ決勝に臨む[全仏オープン]

「全仏オープン」でのジョコビッチ

6月8日、「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)大会14日目。男子シングルス準決勝、男子ダブルス決勝、女子シングルス決勝、車いす男子シングルス決勝、車いす男子ダブルス決勝、車いす女子シングルス決勝、車いす女子ダブルス準決勝・決勝が行われる。

男子シングルス準決勝、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)の試合が再開される。


この試合は前日の大会13日目に、ジョコビッチの2-6、6-3、1-3、第3セット途中で1ブレークダウンとなったところで悪天候により中断。その後、翌日順延となっていた。


両者は過去に8度対戦しており、ジョコビッチの6勝2敗。ジョコビッチがティームに敗れたのは2017年の「全仏オープン」と2018年の「ATP1000 モンテカルロ」で、ともにクレーコートとなっている。


ジョコビッチが雨天順延を味方に追い上げを見せるか、それともティームが逃げ切るか。注目の試合は日本時間19時に再開予定だ。


女子シングルス決勝では、第8シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界38位マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)と対戦する。バーティはボンドルソバに対して過去2勝0敗。


23歳のバーティは準決勝で、今大会勢いに乗っていた17歳の世界51位アマンダ・アニシモワ(アメリカ)を破っての勝ち上がり。一方、19歳のボンドルソバは今大会ここまでの6試合すべてストレート勝利している。


ともに自身初のグランドスラム決勝に臨む両者、優勝を掴み取るのはどちらか。試合は、日本時間22時以降に開始予定だ。


車いすの部では、女子シングルス決勝で、第2シードの上地結衣(日本/エイベックス)が第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)と対戦する。両者は前年同大会の決勝でも対戦しており、その時は上地が逆転勝利した。


「全仏オープン」3連覇、4度目の優勝を目指す上地。デ グロートから勝利をもぎ取ることができるか注目だ。


また、同日上地はジュリア・カポッチ(イタリア)とのペアで、車いす女子ダブルス準決勝に臨む。対戦ペアは第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)。


車いす男子ダブルス決勝では、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/国枝慎吾(日本/ユニクロ)が第1シードのステファン・ウッデ(フランス)/ニコラ・パイファー(フランス)と対戦する。


◇   ◇   ◇


【6月8日の注目ドロー


◆男子ダブルス


決勝


ジェレミー・シャルディ(フランス)/ファブリス・ マルタン(フランス)対 ケビン・カービッツ(ドイツ)/Andreas Mies(ドイツ)


◆女子シングルス


決勝


[8]アシュリー・バーティ(オーストラリア)対 マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)


◆車いす男子シングルス


決勝


ゴードン・リード(イギリス)対 [2]グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)


◆車いす男子ダブルス


決勝


[1]ステファン・ウッデ(フランス)/ニコラ・パイファー(フランス)対 グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/国枝慎吾(日本/ユニクロ)


◆車いす女子シングルス


決勝


[1]ディーダ・デ グロート(オランダ)対 [2]上地結衣(日本/エイベックス)


◆車いす女子ダブルス


準決勝


[1]ディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)対 ジュリア・カポッチ(イタリア)/上地結衣(日本/エイベックス)


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Aurelien Meunier/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
グランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オープンテニスをWOWOWで決勝まで連日生中継!

■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu