全仏オープン

【速報】ジョコビッチ 3年ぶりのベスト4進出。ズベレフに圧勝で、最終戦の雪辱を果たす[全仏オープン]

「全仏オープン」でのジョコビッチ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)大会12日目、男子シングルス準々決勝で第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦。7-5、6-2、6-2のストレートでジョコビッチが勝利し、3年ぶりのベスト4進出を果たした。

勝利したジョコビッチは、準決勝で第4シードドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは第10シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を破っての勝ち上がり。


第3セットもジョコビッチのサービスゲームからスタート。第1ゲームで2本のブレークポイントを握られるも、粘ってキープする。


お互いにサービスゲームをキープして迎えた第6ゲームで、30-40とジョコビッチがチャンスをつかむ。するとズベレフが前に出てしのごうとショットを繰り出すが、ボールがネットを越えられず、ジョコビッチが1ブレークアップとした。


ブレーク直後の第7ゲームで2本のブレークポイントを握られるが、ズベレフのドロップショットのミスに助けられてデュースに戻し、キープする。


そしてゲームカウント5-2で迎えた第8ゲーム。ここでもジョコビッチがズベレフのサービスゲームを破り、6-2で第3セットを連取して勝利を決めた。


ジョコビッチは、昨年のツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」決勝でズベレフに敗れていたが、今回グランドスラムの舞台でストレート快勝し雪辱を果たした。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのジョコビッチ
(Photo by TPN/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
グランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オープンテニスをWOWOWで決勝まで連日生中継!

■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu