マイページ

全仏オープン

錦織 対ペール戦の決め手とナダル戦で必要なものはともに「高い集中力とバックハンドの精度」[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織圭

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会9日目、男子シングルス4回戦。第7シード錦織圭(日本/日清食品)が6-2、6(8)-7、6-2、6(8)-7、7-5で世界38位のブノワ・ペール(フランス)を破り、2年ぶり3度目の準々決勝を果たした。その錦織の試合を、WOWOWの解説でデビスカップ元日本代表の近藤大生さんが振り返った。

錦織が6-2で先取した第1セットについては「立ち上がりはお互い堅い中で、ブレークされた錦織選手の方が思い切りが出たかなと思います。一方のペールはすぐにブレークできたことによって勝ちを意識したためか堅くなったのではないかと思います」と語った。


タイブレークにもつれて落としてしまった第2セットは「応援の盛り上がりがあったことによってペールもエンジンがかかってきていました。錦織選手の方は応援によって、あたかも負けているかのような雰囲気に陥って、慎重になりすぎてしまい、攻めのパターンが少なくなったように思います。第1セットはフォアの精度と動きの頑張りでなんとかもぎ取ったのですが、それがなんとかならなかったのが第2セットだと思います」と分析する。


そして再び6-2と優位に立った第3セットは「ペールの気が抜けたというか、エラーも重なって上手く取れたのは、少しラッキーとも言えますね」と語った。


日没のために翌日に順延となった第4セットは、錦織が2本のマッチポイントを握りながらも6(8)-7で落とし、続く第5セットは1ブレークダウンから追い上げた錦織が7-5で取って勝利を決めた。


「今日は、錦織選手の体力的な部分がだいぶ厳しそうでギリギリでしたが、高い集中力とバックハンドの精度で戦えたかなと思いますね」と振り返った。そして「戦術的には厳しいところがありました。錦織選手が深いところに打って、返ってきたものをフォアで右へ左へと打っていたため、一発で決まらずにフォアのナイスショットを繰り返さなければいけませんでした。そんな状況でも高い集中力と精度の良いショットで心と体をフルに使い切って攻めきれたのが良かったですね」と語った。


錦織は、第2シードで同大会11度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)と準々決勝で対戦する。


近藤さんは「ナダルのボールというのは、一発でエースを取るタイプではありません。他の人とは全く違う回転量や勢いはあるのですが、エースは一発で取られることはないので、そこを錦織のバックハンドで捉えなければいけません」と分析。そして「それにはフィジカルと集中力が必要になるのですが、そのどちらも今日使ってしまったので、厳しい戦いになることは間違いありません」と語った。


また「大会前の不安はもう消えたと思います。最低でもベスト8に入りたいと思っていたでしょうが、それもクリアできましたし。ここからはチャレンジャーになるわけですから、良い意味でプレッシャーを取り払ってチャレンジングな試合をしてもらいたいですね」「このナダルを止めたら、スーパーヒーローになりますよね。ぜひとも錦織にやってもらいたいです」と期待を込めた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」の錦織圭
(Photo by Tim Clayton/Corbis via Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu