全仏オープン

錦織 疲労困憊も「最後は気力で」。自身初のグランドスラム4大会連続ベスト8進出[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会9日目、男子シングルス4回戦で第7シード錦織圭(日本/日清食品)が世界38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。日没順延のため2日がかりとなった試合を6-2、6(8)-7、6-2、6(8)-7、7-5で勝利し、2年ぶり3度目のベスト8進出を果たした。その錦織が記者会見で試合を振り返った。

錦織は「長い2日間でした。前の試合、フルセットで勝って身体はなんとかもってましたけど」「マッチポイントもありながら落としたのは辛かったです。体力的にも。お互いそうだろうけど、最後の方は動けてなかったので、最後は気力で戦って。正直ファイナルセットは勝てると思ってなかった」と話した。


3回戦はフルセット4時間26分、そしてこの4回戦は二日間にわたる3時間55分のロングマッチに。錦織の話すように第4セットでは、タイブレークで2本のマッチポイントを握ったが、いずれも手放してしまった。


「フレッシュな状態ではなかったので、なかなか足が思うように動いてくれなかった」と疲労もピークに来ている。


上位進出を目指す上で、体力温存はできなかった。しかし、錦織はこの勝利で初めてグランドスラム4大会連続でベスト8へ進出(2018年「全米オープン」はベスト4)。過去3大会はいずれも大会を制したノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れたが、安定した成績を残している。


その錦織は準々決勝で、同大会11度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。疲労困憊のなか優勝候補への挑戦となるが、できるだけリカバリーし逆境をはね返すことが期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu