マイページ

全仏オープン

錦織 カメラサインの「チョレイ!!」の意図。「本当は張本君の一番良い時のエビぞりみたいなポーズをしたかった」[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会9日目、男子シングルス4回戦で、第7シード錦織圭(日本/日清食品)が世界38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。錦織が6-2、6(8)-7、6-2、6(8)-7、7-5で勝利し、2年ぶり3度目のベスト8進出を果たした。その錦織が、試合後の記者会見で、勝利後のカメラサインで「チョレイ!!」と書いたことについて答えた。

この試合は元々大会8日目に行われていたが、錦織がセットカウント2‐1とリードしたところで日没のため順延。翌日に持ち越された。再開後の第4セットからは相手にペースを握られ、第5セットも先にリードされるなど苦しい戦いとなったが、勝利をもぎ取った。


話題となったのは、試合終了直後のこと。テニスの大きな大会では、勝利選手が中継カメラに取り付けられた専用の透明な板に、サインパフォーマンスをすることがある。


錦織はこの試合のカメラサインで「チョレイ!!」とカタカナで書き、ベスト8進出ということもあり大きな話題に。Twitterでも「チョレイ」がトレンド入りしていた。


錦織は記者会見でこのことについて聞かれ、「『チョレイ!!』という気分だったので(笑)。本当は張本君の一番良い時のガッツポーズみたいな、エビぞりみたいなポーズをしたかったんですけど、全く元気がなかったのでできなかったです。個人的に(彼の)ガッツポーズが好きなので」と理由を語った。


2戦連続のフルセット、4回戦は順延だったこともあり、翌日には同大会11度の優勝を飾っているラファエル・ナダル(スペイン)との準々決勝も控えている。体力的に厳しい戦いになることが予想されるが、錦織の奮闘が期待される。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Clive Mason/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu