全仏オープン

ティームが4年連続でベスト8進出。地元モンフィスをストレート快勝で撃破[全仏オープン]

「全仏オープン」でのティーム

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会9日目、男子シングルス4回戦で第4シードドミニク・ティーム(オーストリア)が第14シードのガエル・モンフィス(フランス)と対戦。6-4、6-4、6-2でティームが勝利し、4年連続のベスト8進出を決めた。試合時間は1時間48分。

両者は過去に4度対戦しており、ティームが4勝0敗と負け無し(両者の試合前棄権を除く)。今回も快勝をあげ、対モンフィス戦を5戦全勝とした。また、モンフィスが敗れたことにより、地元フランス勢はこれで全員がトーナメントから姿を消した。


第1セットは序盤第1、第3ゲームでブレークしたティームが勢いのままに6-4で先取。


第2セットは両者ともにサービスゲームをキープする展開が続いたが、終盤の第9ゲームでブレークしたティームが6-4で連取する。


そして第3セットでは粘るモンフィスを相手にティームが競り勝ち、いずれもデュースの末に2つブレークして6-2で第3セットを連取して勝利を決めた。


ティームは合計12本のブレークポイントを握り、うち5本をものにして終始試合の主導権を握っていた。対するモンフィスには第1セットで1つブレークを返しただけだった。


勝利したティームは第10シードカレン・ハチャノフ(ロシア)と準々決勝で対戦する。ハチャノフは第8シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)を破っての勝ち上がり。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」でのティーム
(Photo by Aurelien Meunier/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu