全仏オープン

錦織「チョレイ!!」。2日がかりフルセットの試合を気力で乗り切り、V11ナダルとの準々決勝へ[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会9日目、男子シングルス4回戦で第7シード錦織圭(日本/日清食品)が世界38位のブノワ・ペール(フランス)と対戦。日没順延のため2日がかりとなった試合を6-2、6(8)-7、6-2、6(8)-7、7-5で勝利し、2年ぶり3度目のベスト8進出を果たした。その錦織が試合後のインタビューに答えた。

試合を振り返って錦織は「大変な試合でしたね。昨日は良い流れで(セットカウント)2-1で終わりましたが、今日は彼のプレーもレベルが上がっていたので難しかったですね。最後も(ゲームカウント)3-5でしたし。少ないチャンスをものにできたかなと思います」と語った。


次戦は第2シードで同大会11度の優勝を誇るラファエル・ナダル(スペイン)と準々決勝で対戦する。次戦について聞かれた錦織は開口一番「きついっすね」と笑顔を見せ、「長い試合が多いので、とりあえずリカバリーして頑張ります」と語った。


また、ナダルについてはオンコートインタビューで「タフな試合になるのは間違いない。ナダルはクレーで史上最高の選手ですからね」とも語っていた錦織。「全仏オープン」では2013年4回戦以来の対決となる。


2日がかり、3時間55分の試合を終えて疲れていた錦織だが、インタビューでは時折笑顔を見せ、また試合終了後のカメラにサインをする場面では、卓球の張本智和の決め台詞「チョレイ!!」をカタカナで書き、親指を立ててキメ顔を作るなど、ファンサービスも忘れていなかった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu