全仏オープン

錦織「ちょっと無理かなと思った」。4時間超、絶体絶命からの逆転劇でベスト16進出[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会6日目。男子シングルス3回戦で第7シード錦織圭(日本/日清食品)が第31シードのラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。6-4、6(6)-7、6-3、4-6、8-6で錦織が勝利し、5年連続ベスト16進出を果たした。その錦織が試合後のインタビューに答えた。

勝敗の決まる第5セット、序盤3ゲームを連取されたときの気持ちについて聞かれると「0-3の時は辛かったですね。2ブレークダウンでしたし、あの3ゲームは彼のプレーが数段上がっていたので、ちょっと無理かなと思いました」と答えた。


また、そのときに思っていたことについては「1本ずつですね。いつかチャンスが来るかと思って。それだけです」と語った。


対戦相手のジェレについては「思った以上にサーブが良かったのと、左右に打ち分けられたので、それが辛かったですね。一定のテンポで来るかなと思っていたので、左右に打ち分けるのが上手かったと思いました」と述べた。


次戦はブノワ・ペール(フランス)と対戦する。ペールとは昨年の「全仏オープン」2回戦で対戦しており、そのときは錦織が勝利したもののフルセットにもつれている。また、1、2回戦に続き、地元フランス勢との厳しい戦いが予想される。


ペールとの対戦について聞かれた錦織は「1回休んで、明日しっかりリカバリーしてまた考えます」と、少し疲れた表情を見せながら語った。


ジェレとの戦いは、第5セットにタイブレークが無いため、4時間26分の長丁場となった。次戦でも激しい戦いが予想されるが、十分に休息を取り、自身3度目となるベスト8進出を期待したい。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織圭
(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu