マイページ

全仏オープン

【速報】錦織 フルセットの死闘制し5年連続ベスト16進出。最終セット2ブレークダウンから大逆転[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会6日目、男子シングルス3回戦で第7シード錦織圭(日本/日清食品)が第31シードのラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦。6-4、6(6)-7、6-3、4-6、8-6で錦織が勝利し、5年連続ベスト16進出を果たした。試合時間は4時間26分。

錦織は4回戦でブノワ・ペール(フランス)と対戦する。ペールとは昨年の「全仏オープン」2回戦でも対戦しており、6-3、2-6、4-6、6-2、6-3で錦織が勝利したもののフルセットにもつれた。1、2回戦に続き地元フランス勢との厳しい戦いとなるが、3度目のベスト8進出が期待される。


セットカウント2-2で迎えた第5セットは錦織のサービスゲームから始まった。第1ゲームでデュースに持ち込まれた錦織は、粘りを見せたもののジェレにブレークを喫し、第4セットと同様、序盤で追う立場となった。


第5セットになってギアを一段上げてきたジェレに対し、錦織は防戦一方になってしまう。そして第3ゲームでもブレークを許し、2ブレークダウンとされた。


それでも諦めない錦織は第4ゲームでなんとかブレークを1つ返すと、第8ゲームでもブレーク。ゲームカウント4-4に追いつく。


その後も両者キープが続き、ゲームカウント6-6に。「全仏オープン」男子シングルスでは最終セットタイブレークはなく、2ゲーム差がつくまで試合は決まらない。


そして4時間を超えた試合の勝負がついたのは、ゲームカウント7-6で迎えた第14ゲーム。錦織がブレークに成功し、死闘を制した。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu