マイページ

全仏オープン

西岡 敗れるもデル ポトロに大健闘。フルセットの熱戦に「ヨシコール」が鳴り響く[全仏オープン]

「全仏オープン」での西岡(左)とデル ポトロ(右)

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会5日目、男子シングルス2回戦で、世界72位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が第8シードフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と対戦。西岡は7-5、4-6、2-6、7-6(5)、2-6のフルセット3時間46分の熱戦の末敗れた。

両者はこれが2回目の対戦。今年2月の「ATP250 デルレイビーチ」で対戦した際は3-6、5-7のストレートで西岡が敗れたが、今回はフルセットまでもつれ込んだ。


試合の立ち上がり、西岡はデル ポトロの強打に苦戦し先にブレークを許す。それでも第6ゲームで逆を突くカウンターショットでウィナーを奪いブレークバック。逆を突かれてバランスを崩したデル ポトロは、右膝を痛めたようだった。


デル ポトロは2018年10月の「ATP1000 上海」3回戦で転倒し、右膝蓋骨を骨折。その影響でこの「全仏オープン」はまだ今季4大会目となっており、右膝への影響が心配された。


西岡は、動きの悪くなったデル ポトロからさらにブレークを奪い第1セットを先取。途中棄権の可能性も心配されたが、デル ポトロは右膝にテーピングを巻き、試合を続行した。


西岡はまだダッシュができないデル ポトロを攻めたてたいところだが、デル ポトロも第8シードの意地を見せそれを許さない。すると次第にデル ポトロの動きが戻り始め、西岡は第2、第3セットを奪われて形勢逆転される。


西岡も粘り強く戦い第4セットはタイブレークの末に奪ったものの、最後は力尽きて3時間46分の熱戦の末に敗れた。


試合終了後、二人は健闘をたたえ合いハグ。デル ポトロはお辞儀をする仕草も見せた。この熱戦には観客もスタンディングオベーション。「ヨシコール」、「デル ポトロコール」で二人の熱戦をたたえた。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での西岡(左)とデル ポトロ(右)
(Photo by Clive Mason/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu