全仏オープン

【速報】錦織 5年連続で3回戦進出。完全アウェーはね返し地元ツォンガ撃破[全仏オープン]

「全仏オープン」での錦織

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で第7シード錦織圭(日本/日清食品)が世界82位のジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)と対戦。4-6、6-4、6-4、6-4で錦織が勝利し、5年連続6度目となる3回戦進出を果たした。

勝利した錦織は、3回戦でラスロ・ジェレ(セルビア)と対戦する。ジェレはアレクセイ・ポプリン(オーストラリア)を破っての勝ち上がり。


第4セットもツォンガのサービスゲームから。セットカウント2-1で勝利まであと1セットと迫った錦織は、第1ゲームでブレークのチャンスを迎えた。なんとかブレークしたいところだったが、合計5本のブレークポイントをしのがれてしまう。


それどころか第2ゲームで0-40とピンチに陥った錦織。ショートポイントを決めて追い上げるも、最後はラリーの末に錦織のショットがわずかにロングとなり、ブレークを喫してしまった。


追う立場の錦織は、第5ゲームでデュースまで追い上げると、今度はブレークに成功。さらに大事な第6ゲームをキープし、ゲームカウント3-3と並んだ。


さらに第7ゲームで15-40とブレークポイントを握ると、ツォンガのドロップショットに対応し、ブレークに成功。このセットで初めてリードを作った。


そしてブレーク直後の第8ゲームをラブゲームでキープし、ゲームカウント5-3と勝利まであと1ゲームに。


第9ゲームではブレークすることができなかったが、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームを守り切り、6-4で第4セットを奪って勝利を決めた。


センターコートのフィリップ・シャトリエで行われたこの試合。地元ツォンガを応援する観客でいっぱいとなり、錦織にとっては完全アウェーだったが、見事はね返して勝利を掴んだ。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での錦織
(Photo by TPN/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu