マイページ

全仏オープン

【速報】大坂なおみ 崖っぷちから逆転で第2セットを奪う。第3セットへ望み[全仏オープン]

「全仏オープン」での大坂なおみ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)大会3日目、女子シングルス1回戦で第1シード大坂なおみ(日本/日清食品)が世界90位のアンナ カロリーナ・シュミドローバ(スロバキア)と対戦。第1セットを0-6で落とした大坂が第2セットを7-6(4)で取り、第3セットで決着をつけることになった。

第1セットでは2本のダブルフォルト、13本のアンフォーストエラーとリズムを取ることができず、0-6で落とした大坂。第2セット序盤で立ち直った大坂は、苦しい展開になりながらも粘りを見せ、タイブレークで第2セットを奪って次へ繋いだ。


第2セットも大坂のサービスゲームから。第1ゲームをなんとかキープした大坂は、この試合で初めてのガッツポーズを見せて気持ちを切り替えていく。


第2ゲームではフットワークも良くなり、強打を見せると「カモン」の声も聞こえてきた。そしてこのゲームをラブゲームでブレークすると、第3ゲームをキープし、3ゲームを連取した。


第4ゲーム、シュミドローバが1ポイントを奪ったところで急に雨が降り始め、試合は一時中断となった。コート上で少し待っていた両選手だが、雨が強まったためにロッカールームに引き上げていき、試合は約10分後に再開された。再開後はシュミドローバにキープされ、ゲームカウント3-1となった。


第5ゲームでデュースに持ち込まれた大坂。シュミドローバにアドバンテージを握られると、大坂のショットがわずかにアウトになりブレークの数で並ばれてしまう。


その後、お互いにサービスゲームをキープする展開が続いた。第9ゲームで30-40とブレークポイントを握られた大坂。前に出たりドロップショットを選択したりと1度はしのいだが、デュースの末にブレークを喫し、ゲームカウント4-5とされた。


そしてシュミドローバのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲーム。ここで大坂は15-40のチャンスを作ると見事ブレーク。土壇場で追いつく。


第11ゲームで再びブレークを喫した大坂だが、続く第12ゲームでまたもブレークバックに成功し、第2セットはタイブレークに突入した。


タイブレークでは大坂が先にミニブレークに成功。その後も順調にポイントを奪うとタイブレークを制し、第2セットを奪って次へ繋いだ。


試合は2セットを先取した方が勝利の3セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」での大坂なおみ
(Photo by Clive Mason/Getty Images)

「全仏オープンテニス」
フランス・パリにて開催されるグランドスラム(四大大会)のシーズン第2戦、全仏オー
プンテニスをWOWOWで連日生中継!
大坂なおみのグランドスラム3連覇、20代最後のシーズンで悲願の優勝を目指す錦織圭
試合から目が離せない。

【放送予定】2019年5月26日(日)~6月9日(日)連日生中継[第1日無料放送]
■詳細・放送スケジュールはこちら>

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu