全仏オープン

全仏OP シングルス優勝は約3億円へ。賞金増額を発表

「全仏オープン」、センターコートのフィリップ・シャトリエ・コート

5月26日から開催される予定の「全仏オープン」。今年度の賞金総額が2018年から8%増額し、4266万1千ユーロ日本円で約53億4,800万円、2019年4月5日時点となる。

フランステニス連盟によれば、男女シングルスの優勝賞金はそれぞれ230万ユーロ 約2億8,800万円、前年比で4.55 %増となる。また、準優勝者の賞金額は118万ユーロ約1億4,700万円で、こちらは前年比5.36%増に。


最も大きな増額は、本戦1回戦敗退者の賞金額で15%増。4万6千ユーロ約570万円となる。そして準々決勝進出者の賞金総額は、約9%増の41万5千ユーロ約5,200万円


また予選で3回戦進出も、本戦入りはならなかった選手の賞金額は、2万4千ユーロ約300万円で14.29%増となる。


このほか、男女ダブルスの優勝ペアの賞金額は58万ユーロ約7,200万円 、準優勝ペアの賞金額が29万ユーロ約3,600万円で、前年比が共に3.5%増。


(C)AP(テニスデイリー編集部)


※写真は「全仏オープン」、センターコートのフィリップ・シャトリエ・コート
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu