全仏オープン

【速報】ナダルが第2セットも連取。ついにV11へ王手[全仏オープン]

現在対戦中のナダル

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の大会最終日、男子シングルス決勝で第1シードラファエル・ナダル(スペイン)が第7シードのドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦。第1セットを6-4で先取したナダルが、第2セットも6-3で連取して「全仏オープン」11度目の優勝に王手をかけた。

第2セットになってもナダルの勢いは止まらない。第1ゲームをキープしたナダルは、第2ゲームで15-40と2本のブレークポイントを握った。ここはしのがれてデュースに持ち込まれたが、粘るティームを振り切ってブレークに成功し、第2セットも序盤で先行した。今度は第3ゲームもキープしたナダルが3ゲームを連取して序盤をリードする。

そこからティームも粘ってお互いにキープの流れとなる。ナダルが1ブレークアップのリードを保ったまま迎えた第7ゲーム、ゲームカウント4-2のところで、ティームがリターンのポジションを少し深く取った。そしてそのティームに30-40とブレークポイントを握られたナダルだが、ドロップショットを仕掛けてデュースに持ち込んでキープする。

第8ゲームはティームにキープされたが、続く第9ゲームはナダルのサービング・フォー・ザ・セット。ここをナダルは危なげなくキープし、第2セットを6-3で連取した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在対戦中のナダル
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu