マイページ

全仏オープン

【6月10日全仏注目ドロー】ナダル前人未踏のV11なるか、ティームとの決勝戦。穂積/二宮ペアは初の栄冠をかけて決勝に挑む。

前人未踏11度目の全仏優勝を狙うナダル(「全仏オープン」9日目のもの)

6月10日、「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)大会最終日の15日目。男子シングルス決勝戦、女子ダブルス決勝戦が行われる。

ナダルの前人未踏11度目の優勝か、あるいはティームのグランドスラム初制覇なるか。

男子シングルス決勝は、センターコートであるフィリップ・シャトリエ・コートの第2試合で、第1シードラファエル・ナダル(スペイン)が第7シードのドミニク・ティーム(オーストリア)と激突する。ナダルは準決勝で第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)を破っての勝ち上がり。対するティームは準決勝でマルコ・チェッキナート(イタリア)を破っている。ナダルとティームは過去9回対戦していて、ナダルからみて6勝3敗。また、全てクレーコートでの対戦となっている。

ティームは「次世代クレーキング」と呼ばれ、5月の「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 マドリード」準々決勝ではナダルからストレート勝利をもぎ取っている。

「全仏オープン」において11度目の優勝がかかるナダルは準決勝後に「全仏でプレーするモチベーションはいつも高い。でも自分にとって、どの大会もキャリアの中で限られたチャンスだ。試合とテニスへのありったけの熱意と愛を持ってプレーするつもりだ」と語っていた。注目の決勝戦は日本時間22時から開始予定だ。

■穂積/二宮ペアは史上初の快挙なるか。決勝でも元気なプレーと美しいスピンロブに期待。

女子ダブルスは、センターコート第1試合で穂積絵莉(日本/橋本総業ホールディングス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)が第6シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)との決勝戦に挑む。穂積/二宮ペアはここまで上位シード陣を次々と撃破し、日本人同士のペアとしては初めてグランドスラム決勝の舞台まで勝ち上がってきた。

二人は今大会、よく声を掛け合う元気いっぱいなプレーや、要所で見せる攻撃的なスピンロブといった、魅力あふれる試合を見せてくれている。

準決勝後のインタビューでは日本のファンに向けて「私たちらしい元気で楽しいプレーをするので応援よろしくお願いします」とメッセージを送っていた穂積/二宮ペア。初のグランドスラム優勝をかけて、期待の決勝戦は日本時間18時30分から開始予定。

◇   ◇   ◇

【6月10日の注目ドロー

◆男子シングルス

決勝戦

[1]ラファエル・ナダル(スペイン)対[7]ドミニク・ティーム(オーストリア)

◆女子ダブルス

決勝戦

穂積絵莉(日本/橋本総業ホールディングス)/二宮真琴(日本/橋本総業ホールディングス)対[6]バーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は前人未踏11度目の全仏優勝を狙うナダル(「全仏オープン」9日目のもの)
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu