全仏オープン

【速報】ナダルがデル ポトロから準決勝第1セットを先取[全仏オープン]

現在対戦中のナダル(左)とデル ポトロ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の大会13日目、男子シングルス準決勝で第1シードラファエル・ナダル(スペイン)が第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)と対戦。第1セットは6-4でナダルが先取した。

両者は過去に14回対戦しており、ナダルから見て9勝5敗。クレーでの対戦は2回で、いずれもナダルが勝利している。準々決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を接戦の末に下したデル ポトロに対し、クレーキングがどのようなプレーを見せてくれるのか、期待がかかる。

第1セットはナダルのサービスゲームから。お互いにキープして迎えた第3ゲームでナダルはダブルフォルトを犯して0-40とピンチを迎える。しかし、連続でポイントを奪ってここをキープする。この第3ゲームでデル ポトロが赤土に足を取られて痛みを感じるシーンがあり、少し心配される。

第4、第5ゲームもお互いにキープした後、デル ポトロの元にトレーナーとドクターが訪れ、痛み止めのようなものを渡していた。

その後もお互いにキープを続けていくが、ナダルは第7ゲームを終えてもブレークポイントを握ることができていない。一方のデル ポトロにも第1ゲーム以降はブレークポイントを与えておらず、拮抗した戦いが続く。

そして第9ゲーム、ナダルは15-40とされて再びピンチを迎えたが、ドロップショットを駆使してデュースに持ち込み、ここもしのいでキープし、ゲームカウント5-4とした。

続く第10ゲームでナダルは15-40とセットポイントを握ると、1本はしのがれたが続くデル ポトロのショットがネットに掛かった。ナダルは第10ゲームにして初めてのブレークポイントを握り、このチャンスを活かして第1セットを6-4で先取した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在対戦中のナダル(左)とデル ポトロ
(Photo by Cameron Spencer/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu