マイページ

全仏オープン

【速報】ティームがタイブレークの末に第2セットを連取[全仏オープン]

現在対戦中のティーム

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の大会13日目、男子シングルス準決勝で第7シードドミニク・ティーム(オーストリア)がマルコ・チェッキナート(イタリア)と対戦。第1セットを7-5で取ったティームが第2セットも7-6(10)で連取した。

ティームは第2セットの第1ゲームでブレークポイントを握ってチャンスを作ったが、ここはブレークできなかった。そしてお互いにキープを続けていき、第5ゲームで再びティームは15-40とブレークポイントを握った。しかしミスが続いてしまってチェッキナートにキープされ、リードを作れない。

ティームはデュースまで追い上げてチャンスを作ろうとするが、チェッキナートに阻まれてしまう場面が幾度も見られた。

そしてゲームカウント5-6で迎えた第12ゲームをティームがラブゲームでキープし、第2セットはタイブレークに突入した。

タイブレークでも接戦が続く。ティームがミニブレークに成功すると、すぐにチェッキナートがミニブレークを返す。ティームがウィナーを決めると、チェッキナートがドロップショットを決める。そしてポイント2-2としたところから、ティームがアグレッシブなプレーで3ポイントを連取して5-2とした。

ポイント6-3としてセットポイントを握ったティーム。ここから自身のサーブが2本続くが、1本をしのがれると、続くプレーでミスを犯してポイント6-5とされた。その後も、お互いにセットポイントを握ってはしのがれる、という流れが続き、ポイント9-9となったところでティームがエラーを犯して9-10とされる。ここをしのいだティームがポイントを奪って7-6(10)で第2セットを連取した。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第3セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は現在対戦中のティーム
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu