全仏オープン

【速報】ナダルが雨天順延で気持ちを切り替えてシュワルツマンに逆転勝利。2年連続のベスト4進出[全仏オープン]

ベスト4入りを果たしたナダル

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の大会12日目、男子シングルス準々決勝で第1シードラファエル・ナダル(スペイン)が第11シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦。第4セットはナダルが6-2で取り、4-6、6-3、6-2、6-2でナダルが勝利、2年連続のベスト4入りを果たした。試合時間は3時間42分。

勝利したナダルは、現在対戦中のマリン・チリッチ(クロアチア)とフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の勝者と準決勝で対戦する。

セットカウント1-1で迎えた第3セットはナダルが6-2で取り、勝利まであと1セットと迫った。

勢いに乗るナダルは、第3ゲームでブレークを果たすと、第4ゲームをキープしてシュワルツマンにチャンスを許さない。そして第5ゲームもブレークして2ブレークアップとし、ベスト4入りへさらに一歩前進した。

そしてゲームカウント5-1とした第7ゲームでナダルは30-40とマッチポイントを握った。会場からはシュワルツマンに対して大きなディエゴコールが鳴り響き、それに応えるように粘るシュワルツマンにデュースの末にキープされてしまった。

そしてナダルのサービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲーム。ナダルは40-15とマッチポイントを握ったが、この2本をしのがれてデュースとなった。ここで粘るシュワルツマンにブレークポイントを握られる場面もあったが、最後は振り切ったナダルがこのゲームをキープして第4セットを6-2で取り、勝利を決めた。

(テニスデイリー編集部)

※写真はベスト4入りを果たしたナダル
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu