全仏オープン

【6月7日全仏注目ドロー】ナダルが雨天順延の試合再開。女子準決勝に女王ハレプが登場、車いすテニスでは国枝、上地がそれぞれ初戦に挑む。

2日間にわたる準々決勝に臨むナダル

6月7日、「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)大会12日目。男子シングルス準々決勝、女子シングルス準決勝、男子ダブルス準決勝、混合ダブルス決勝、車いす男子シングルス1回戦、車いす女子シングルス1回戦が行われる。

センターコートの第1試合で、前日に雨天順延となっていたラファエル・ナダル(スペイン)と第11シードディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)の準々決勝が再開される。ナダルは昨日第1セットを4-6と、「全仏オープン」では実に3年ぶりにセットを落とした(2016年3回戦での棄権は除く)。第2セットはゲームカウント5-3で、ナダルがサービング・フォー・ザ・セット30-15とリードのところで雨天順延となっていた。
第2セットの第2ゲームを終えた時点でのウィナーの数は、ナダル5本に対してシュワルツマンが23本。その後調子を上げてきたナダルだったが、雨天中断を味方につけるのは果たしてどちらの選手だろうかナダル対シュワルツマンの準々決勝は日本時間19時から再開予定。

また、同様に前日雨天順延となっていた、第3シードのマリン・チリッチ(クロアチア)対第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)は、第1セット6-6のタイブレーク、スコア5-5のところから再開される。

女子は世界女王シモナ・ハレプ(ルーマニア)が第3シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)との準決勝に臨む。ハレプは準々決勝で第12シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を、ムグルッサは準々決勝でマリア・シャラポワ(ロシア)をそれぞれ破っての勝ち上がり。ハレプはムグルッサに対し過去1勝3敗と負け越していて、2月の「カタール・トータル・オープン」準決勝ではハレプの途中棄権となっていた。グランドスラム初優勝を目指すハレプにとって、大きな山場を迎えそうだ。

もう一方の女子シングルス準決勝は、第10シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)第13シードのマディソン・キーズ(アメリカ)のアメリカ勢対決。この二人は2017年「全米オープン」決勝の組み合わせで、その時はスティーブンスがストレートでキーズを下した。戦績でも2勝0敗のスティーブンスが今回も勝ち進むか、キーズが借りを返すか注目だ。

また車いすテニスでは、男子の国枝慎吾(日本/ユニクロ)、女子第1シードの上地結衣(日本/エイベックス)が、それぞれ1回戦に臨む。

◇   ◇   ◇

【6月7日の注目ドロー

◆男子ダブルス

準決勝

[8]ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/アレクサンダー・ペヤ(オーストリア)対[6]ピエール ユーグ・エルベール(フランス)/ニコラ・マウ(フランス)

◆女子シングルス

準決勝

[1]シモナ・ハレプ(ルーマニア)対[3]ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)

[13]マディソン・キーズ(アメリカ)対[10]スローン・スティーブンス(アメリカ)

◆混合ダブルス

決勝

[1]ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/マテ・パビッチ(クロアチア)対[2]チャン・ユンジャン(台湾)/イバン・ドディグ(クロアチア)

◆車いす男子シングルス

1回戦

国枝慎吾(日本/ユニクロ)対ステファン・オルソン(スウェーデン)

◆車いす女子シングルス

1回戦

[1]上地結衣(日本/エイベックス)対シャーロット・ファマン(フランス)

(テニスデイリー編集部)

※写真は2日間にわたる準々決勝に臨むナダル
(Photo by Mehdi Taamallah/NurPhoto via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu