マイページ

全仏オープン

【速報】ズベレフが4回戦進出。2試合連続でフルセットの接戦を制す[全仏オープン]

現在対戦中のズベレフ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の6日目、男子シングルス3回戦で第2シードアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が第26シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)と対戦。第5セットはズベレフが取り、6-2、3-6、4-6、7-6(3)、7-5でズベレフが勝利し、4回戦進出を決めた。試合時間は3時間54分。

勝利したズベレフは、この後に行われるルカ・プイユ(フランス)とカレン・ハチャノフ(ロシア)の勝者と4回戦で対戦する。

ついに決着のつく第5セット。第4セットのタイブレークを制して調子を戻して来たズベレフが第1ゲームでいきなりブレークするも、第2ゲームでジュムホールにブレークバックされてしまう。

しかし、ズベレフは第3ゲームで再びブレークに成功すると第4ゲームをキープしてジュムホールを突き放した。第6ゲームではデュースまでもつれ込んだが、ズベレフが粘ってキープし、ジュムホールを寄せ付けない。

このまま流れはズベレフに、と思われた第8ゲーム、なんとジュムホールにラブゲームでブレークされ、ここでゲームカウントを4-4のイーブンとされる。再びリードを作りたいズベレフは、第9ゲームでデュースまで追い込むが、ジュムホールの好プレーに阻まれてブレークすることができない。

そしてゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームでジュムホールに30-40とマッチポイントを握られてしまった。ここはしのいでデュースに持ち込んだズベレフは、浅いボールを返してミスを誘うという作戦が功を奏してキープに成功し、次に繋ぐ。

第11ゲーム、ズベレフはネット際の攻防を制してブレークし、ついにサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。ジュムホールにポイントを奪われながらもズベレフがキープ。7-5で第5セットを取り勝利した。

ズベレフは2回戦に続き、2試合連続でフルセットの戦いを制している。

(テニスデイリー編集部)

※写真は4回戦進出を決めたズベレフ
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu