全仏オープン

【速報】杉田祐一、世界103位に第1セットを奪われる[全仏オープン]

「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」のときの杉田祐一

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の大会2日目、男子シングルス1回戦で杉田祐一(日本/三菱電機)とホレイショ・ゼバロス(アルゼンチン)が対戦。第1セットは4-6でゼバロスに奪われてしまった。

両者の対戦回数は1回。今年の「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」で、そのときは杉田がフルセットの末に逆転負けを喫している。杉田は現在8大会連続で初戦敗退となっているが、その1敗目がこのゼバロスに負けたもの。リベンジを果たすとともに、連続初戦敗退の憂き目を晴らすことができるのか、期待がかかる。

第1セットはゼバロスのサービスゲームから始まった。序盤は静かな立ち上がりで、両者ともにキープしていく。第4ゲームでゼバロスにブレークポイントを握られたが、杉田も粘って合計4本のブレークポイントをしのぎキープした。

その後も互いにキープし合っていたが、第10ゲームでゼバロスに30-40とセットポイントを握られてしまう。最後はゼバロスのウィナーが決まって、4-6で第1セットを落としてしまった。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在、第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」のときの杉田祐一
(photo by Giampiero Sposito/Action Plus via Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu