マイページ

全仏オープン

【5月27日全仏注目ドロー】錦織 グランドスラム復帰戦に登場。その他男子は西岡、A・ズベレフらが、女子は奈良が世界26位ストリコバと対戦。

1回戦に出場する錦織(「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」出場時のもの)

5月27日、「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)男子シングルス1回戦、女子シングルス1回戦が行われる。

コート1の第2試合で第19シード錦織圭(日本/日清食品)が、世界304位・ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のマキシム・ジャンビエ(フランス)と対戦する。錦織の「全仏オープン」最高成績は、2015年と2017年のベスト8。錦織にとっては昨年の「ウィンブルドン」以来となるグランドスラム復帰戦だが、これまで以上の結果を残すことに期待がかかる。対戦相手のジャンビエは現在21歳で、ATPワールドツアーの下部大会であるATPチャレンジャーツアーで主に試合をしている選手。今回が初対戦となる両者の試合は、日本時間20時に開始予定だ。

コート18の第3試合で西岡良仁(日本/ミキハウス)は、第30シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。西岡は本戦出場は2015年のみで、その時は1回戦敗退となっている。今回相手となるベルダスコとは初対戦で、「全仏オープン」に15年連続本戦出場中のベテランを相手に勝利を掴めるか注目だ。

その他、第2シードで次世代エース候補として注目されているアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)はリカルダス・ベランキス(リトアニア)と、第4シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)はビクトル・トロイツキ(セルビア)と、第8シードのダビド・ゴファン(ベルギー)がロビン・ハッサ(オランダ)とそれぞれ対戦予定。

女子は、コート1の第1試合で奈良くるみ(日本/安藤証券)が世界26位のバーボラ・ストリコバ(チェコ)と対戦予定。過去の対戦成績は奈良の0勝1敗、約2年ぶりの対決となる。奈良は「全仏オープン」5年連続本戦出場しているが、過去4回はいずれも2回戦敗退となっており、今年は2回戦の壁を突破できるか注目だ。

その他には、第5シードで2017年「全仏オープン」優勝者であるエレナ・オスタペンコ(ラトビア)対カテリーナ・コズロワ(ウクライナ)、第4シードのエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)対アイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)の試合が予定されている。

◇   ◇   ◇

【5月27日の注目ドロー

◆男子シングルス

1回戦

[19]錦織圭(日本/日清食品)対[WC]マキシム・ジャンビエ(フランス)

[30]フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)対[PR]西岡良仁(日本/ミキハウス)

リカルダス・ベランキス(リトアニア)対[2]アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

ビクトル・トロイツキ(セルビア)対[4]グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

[8]ダビド・ゴファン(ベルギー)対ロビン・ハッサ(オランダ)

[Q]ヨセフ・コバリク(スロバキア)対[10]パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)

[WC]エリオット・ベンシェトリ(フランス)対[32]ガエル・モンフィス(フランス)

[15]ルカ・プイユ(フランス)対ダニール・メドベージェフ(ロシア)

◆女子シングルス

1回戦

奈良くるみ(日本/安藤証券)対[26]バーボラ・ストリコバ(チェコ)

アイラ・トムヤノビッチ(クロアチア)対[4]エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)

[5]エレナ・オスタペンコ(ラトビア)対カテリーナ・コズロワ(ウクライナ)

ワン・チャン(中国)対[9]ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)

アランチャ・ラス(オランダ)対[10]スローン・スティーブンス(アメリカ)

[22]ジョハナ・コンタ(イギリス)対ユリア・プティンセバ(カザフスタン)

マディソン・ブレングル(アメリカ)対[25]アネット・コンタベイト(エストニア)

(テニスデイリー編集部)

※写真は1回戦に出場する錦織(「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」出場時のもの)
(Photo by Giampiero Sposito/Action Plus via Getty Images)

テニスデイリーでは5月27日17時30分頃から全仏オープンテニス初日を無料配信する。

全仏オープンの関連記事

PAGE TOP
menu