全仏オープン

3度優勝のセレナはノーシードからバーティやゲルゲスと、1位のハレプはムラデノビッチやメルテンスとぶつかるタイトなドロー[全仏オープン]

「全仏オープン」開幕に先立って行った練習でコーチと話すセレナ

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日~6月10日/クレーコート)の女子シングルスのドローがこのほど、公表された。産休から復帰後、初のグランドスラム出場となるセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)や、大坂なおみ(日本/日清食品)らももちろん、名を連ねる一方で、上位シード同士の激い戦いになりそうだ。

グランドスラムを23度制した経験を持ち注目されているセレナは、今回、ノーシードでの出場となり、自身初戦となる1回戦ではクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)との試合に臨む予定だ。

セレナが勝ち進み、そのほかのシード勢も順当な結果を出せば、セレナは、アシュリー・バーティ(オーストラリア)と2回戦で、ユリア・ゲルゲス(ドイツ)と3回戦で対戦することになる見通しで、シード選手にとっても簡単に勝ち上がれるかどうかは不透明だ。

一方、最上位層のシードについては、シモナ・ハレプ(ルーマニア)、第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、第3シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)と同じみの顔ぶれとなった。

ただ、第1シードのハレプにとってさえ、上位への進出も約束されているというわけではなさそうで、強敵が控える。

具体的にはハレプから見たドローでは、3回戦でクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)と対戦する可能性があるほか、順当にいけば今年の「全豪オープン」で準決勝まで勝ち進んだエリース・メルテンス(ベルギー)との試合も避けては通れない。シード順位1位でも、安泰とはいかないドローに目には映る。

ほかにも、昨年の全仏女王のエレナ・オスタペンコ(ラトビア)は第5シードとなった。同選手にとっては、1回戦で勝利しても、元世界1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と2回戦で対戦する可能性もあり、そうなれば序盤から、難しい試合を強いられる可能性もある。またもし実現すれば、序盤戦の注目の1戦になるといえそうだ。

一方で、WTA(女子テニス協会)公式サイトによれば、世界ランキング4位、「全仏オープン」でも第4シードで出場するエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)は、他の上位シードに比べると実力者との対戦となりにくい様子。5月14日から行われていた「BNL イタリア国際」でも決勝戦で、ハレプを6-0、6-4で破るなど結果を残してきてもいることから、全仏での活躍も期待できそうだ。

シード選手らが順当に勝ち進めば準々決勝では、ハレプと第7シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)、ムグルッサと第6シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、オスタペンコとスビトリーナ、第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)とウォズニアッキの対戦カードが実現する予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全仏オープン」開幕に先立って行った練習でコーチと話すセレナ
(Photo by Aurelien Meunier/Getty Images)

友だち追加

人気記事ランキング

PAGE TOP
menu