マイページ

全豪オープン

【速報】ジョコビッチが第1セットを先取。メドベージェフとの全豪OP決勝

「全豪オープン」でのジョコビッチ

21日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会最終日。男子シングルス決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第4シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦。ジョコビッチが第1セットを7-5で先取した。

両者の過去対戦成績はジョコビッチの4勝3敗。前回対戦したのは2020年「Nitto ATPファイナルズ」で、その時はメドベージェフがストレートで勝利している。同大会決勝で1度も負けたことのないジョコビッチが3年連続9度目の優勝を果たすのか、それとも対トップ10選手12連勝中、マッチ20連勝中で絶好調のメドベージェフがグランドスラム初優勝を果たすのか、注目が集まる。


第1セットはジョコビッチのサービスゲームから始まった。第1ゲームをキープしたジョコビッチは、第2ゲームで15-40と早くもチャンスをつかむ。1本はしのがれたが、続くプレーでブレークに成功。さらに続く第3ゲームをラブゲームでキープし、序盤3ゲームを連取して1ブレークアップとした。


だが第5ゲームで15-40とピンチを迎えたジョコビッチ。ここでメドベージェフがなんとか返したショットがゆるいロブに。これが深い位置で大きく跳ね上がり、ジョコビッチのスマッシュがネットを越えられずにブレークバックを喫してしまう。


ここからお互いにサービスゲームをキープし合う展開が続く。


そしてゲームカウント6-5で迎えた第12ゲーム。ここでジョコビッチがブレークのチャンスをつかむと、見事にブレークに成功。終盤でメドベージェフのサービスゲームを破り、第1セットを先取した。


試合は3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Matt King/Getty Images)

「テニワのオンライン楽屋/~楽屋が一番おもしろい~」
      2月21日(日)男子決勝後に配信予定!
DJOKOVIC_vs_MEDVEDEV_02.jpg

「WOWOWテニスワールド」のオンラインイベント、全豪オープン最終日は男子決勝戦後に開催の予定です。

WOWOWが誇る解説と実況陣がナイトセッション前に注目試合や見どころポイントをお届けします。 実は解説のみなさん、控え室でのお話がおもしろいので、 ぜひその雰囲気を覗き見する気持ちで遊びにきてくださいね。見逃してもアーカイブ配信も行っています。

「WOWOWテニスワールド」では、普段はお目にかかれない練習コートでの選手の様子や、試合後の記者会見、そして一部の試合の無料配信も予定!「全豪オープン」の最新情報も含め、大会の魅力を余すところなくお届けします。

「WOWOWテニスワールド」を通して、テニスファンみんなで「全豪オープン」を盛り上げましょう!

実際のサイトはこちら

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu