マイページ

全豪オープン

【17時半開始予定】ジョコビッチVSメドベージェフ。「全豪オープン」決勝で激突

ジョコビッチ(左)とメドベージェフ(右)

21日の「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/2月8日~男子2月21日・女子20日/ハードコート)大会最終日。男子シングルス決勝で、第1シードノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第4シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)と対戦する。両者の試合は、日本時間17時30分に開始予定。

両者の過去対戦成績はジョコビッチの4勝3敗。前回対戦したのは2020年「Nitto ATPファイナルズ」で、その時はメドベージェフがストレートで勝利した。


「全豪オープン」での過去最多優勝数を誇るジョコビッチは、3年連続9回目の優勝を目指す。準決勝では今大会快進撃を見せたアスラン・カラツェフ(ロシア)にストレートで勝利し、3回戦で痛めた右脇腹も大きな影響なくプレーできているようだ。また、ジョコビッチはこれまでに同大会決勝では負けたことがなく、その事実も自信にして試合に臨む。


一方のメドベージェフは、グランドスラム初優勝がかかる。今大会は3回戦以外はすべてストレート勝利と、安定した勝ち上がりぶり。昨年2020年の「ATP1000 パリ」以来公式戦20連勝中、そして対トップ10選手でも12連勝中のメドベージェフがまたもジョコビッチを破れるか注目される。


準決勝後の記者会見でジョコビッチは、メドベージェフについて「非常に質の高いプレーをしているよ。彼は連勝中で、20勝している。倒すべき相手だね」と評した上で、決勝に向けて「自分にはチャンスがあると思うし、絶対にタイトルを取りに行くつもりだ」と意気込んでいる。


対するメドベージェフは「彼(ジョコビッチ)は史上最高のテニス選手の一人だ。だから彼と決勝で対戦できることは最高だ」と話した。


「正直なところ、僕には失うものは何もない」


「全豪オープン」での最多優勝記録更新がかかるジョコビッチと、グランドスラム初優勝を狙うメドベージェフ。二人が素晴らしい戦いを見せることが期待される。


テニスデイリーでは、サイト上で試合速報を無料で行う予定だ。


(テニスデイリー編集部)


※写真はジョコビッチ(左)とメドベージェフ(右)
(Getty Images)

wowshopでは全豪オープン公式タオルを販売中!

towel.jpg

選手が実際にコート内で使用する「プレーヤーズタオル」は 遊び心漂うデザインに優れた吸水性と柔らかな肌触りを兼ね備えた スポーツやアウトドアに最適な逸品です!

購入はこちら

全豪オープンの関連記事

PAGE TOP
menu